ラーニングコーナー

2018/05/14

ヒトES/iPS細胞における品質管理の考え方:細胞品質管理のタイミング

  • 用途別細胞培養

ヒト多能性幹細胞(ヒトES/iPS細胞、hPSCs)培養システムにおける遺伝的変異は、内在的な要因 - 選択(Selection)- に限りません。ヒト多能性幹細胞に関わる全体のワークフローを通して、複数のステップ(リプログラミング、維持・継代培養、ゲノム編集、分化など)において遺伝的変異の可能性が考えられます。

hPSC培養システムにおける変異の可能性

hPSC品質の考え方 - あなたの細胞は正常or異常?

1060_GenericAnalysis_1.jpg

hPSC全体のワークフローを通した遺伝子的変異の可能性

リプログラミング Reprogramming

iPSCの選択やウイルスベクターによる導入時に挿入変異を誘発する可能性があるため、新たに樹立したヒトiPSC系は核型スクリーニングが必要となります。

維持 Maintenance

ルーチンの維持・継代培養(凍結/解凍も含む)でも、遺伝的異常を引き起こす可能性があります。
遺伝的異常を引き起こした場合、hPSCの生存率および増殖率、または下流のアプリケーションに影響する可能性があります。

ゲノム編集 Genome Editing

ゲノム編集ワークフローには、遺伝的異常のクローン選択の機会を増やすいくつかのステップが含まれています。
例:トランスフェクション、シングルセルプレート、ゲノム編集のオフターゲット効果など

分化 Directed Differentiation

分化は潜在的に選択(selection)プロセスに寄与する可能性があります。
遺伝的異常は、幹細胞の分化能に影響を及ぼし、および/または細胞を特定の細胞系統(lineage)に偏向させる可能性があります

 

細胞品質のチェックツール

最も迅速で費用対効果の高いhPSC核型異常検出キット

ヒト多能性幹細胞の核型異常検出用qPCR解析キット

hPSC Genetic Analysis Kit(製品コード:ST-07550)

  • 従来法よりコストが劇的に削減
  • 細胞を回収してから結果が得られるまで、わずか3時間以内

hPSC Genetic Analysis Kitのワークフロー

1060_GenericAnalysis_2.jpg

hPSC Genetic Analysis Kitを選ぶべき理由

  • 簡便:プライマー/プローブミックスを含むAll-in-oneキット
  • 複数のヒト多能性幹細胞株の遺伝子スクリーニングが可能
  • 高精度:Gバンド染色で検出不可能な異常を検出可能

hPSC Genetic Analysis Kit:国内ユーザー様の声

遺伝子導入株やゲノム編集等のクローンの品質管理目的で使用しました。複数株を低コストで簡便にスクリーニングできるのが良いです。(K大学医学部・M様)

Gバンド法による核型解析と比べて、非常に簡便で使い易かったです。今後も利用したいです。(H大学医学部・H様)

疾患由来iPS細胞株の核型異常を見つけることができました。
Gバンド法と比べてコストが大幅に低く、短時間の操作で結果が出ました。
データ解析用ツールも便利でした。(T大学研究所・L様)

これまで核型解析は行っていませんでしたが、ヒトiPS細胞6株中3株で核型異常が示唆されました。
簡便で良かったので今後も利用したいです。(O大学薬学部)

関連情報

関連製品

記事に関するお問い合わせ