HLA(ヒト白血球型抗原)技術情報解析ソフト設定ファイル

HLA Fusion™️ 解析用カタログファイル、測定用テンプレートファイル、ワークシート、血清型ファイル、日本人フィルターのご紹介。また、ファイルのダウンロード方法を記載しておりますので合わせてご確認ください。

HLA Fusion™️ 血清型ファイル(sero equivalent) ファイルの更新情報

One Lambda社より最新のNomenclature(January 2018)が配布されています。
HLA Fusion™️ ご利用の方は、最新版へのアップデートをお願いします。
※ LABScreen Autoantibody用の血清型ファイルは、弊社にお問い合わせください。

  • One Lambda社のサイトからダウンロード
    リンク先の‘Serological Equivalent Nomenclature - January 2018 (.csv)’を保存してください。
    LABType KIR(SSO)をお使いのお客様のみsero_equivalent_2018.csv(KIR)をお使いください。

HLA Fusion™️ アレルフィルターファイルの更新情報

【重要なお知らせ】
「日本人アレルフィルター」には、従来、骨髄バンクおよびHLA研究所のデータをもとに、アレル頻度が0.01%以上のものを加えておりました。
「日本人版(ver2 2018年)」より、日本組織適合性学会における「HLAタイピング結果のアレル表記法と結果報告の原則(2017年版)」のリリースに伴い、「HLA推定アレル一覧表(JSHI)2018年度版」に記載があるアレルが対象になりました。
したがって本フィルターより、

G1

対立遺伝子の両方に、一覧表に記載があるアレルを含む

G2

対立遺伝子の片方だけに、一覧表に記載があるアレルを含む

G3

立遺伝子の両方とも、一覧表に記載があるアレルを含まない

と、従来のフィルターで出るG1、G2、G3の意味が異なります。
詳しくは下記をご覧ください。

HLA Fusion™️ Catalogファイル、Luminex Templateファイル、各ロットのワークシート

HLA Fusion™️ にインストールする「Catalogファイル」、Luminex機器にインストールする 「Templateファイル」、および各ロットのワークシートは、One Lambda社のウェブサイトからダウンロードします。

uTYPE 設定ファイル

uTYPEにインストールする「ライブラリファイル」です。

TypeStream™️ 設定ファイル

TypeStream™️ は使用前にライセンス登録が必要です。
未登録の方は弊社までご連絡ください。
バイオサイエンス本部 技術グループ
電 話:03-5776-0040(平日9:00 - 17:00)
メールでのお問い合わせはこちらまで