注目の製品情報

2018/10/17

「mTeSR1」フィーダー細胞が不要なヒトES/iPS細胞維持用 無血清培地

  • 用途別細胞培養

STEMCELL Technologies社のmTeSR1は、フィーダーフリー・血清フリー・DefinedのヒトES/iPS細胞(ヒト多能性幹細胞、hPSC)の維持用培地です。
現在、mTeSR1は世界50か国以上で使用され、論文実績は1,500報を超えています。
本稿では、「ヒトES/iPS細胞 維持培地のゴールド・スタンダード」であるmTeSR1をご紹介します。

mTeSR1とは

ST-85850_cgmp_mesr1_image.jpg

mTeSR™1 (エム・ティーザー・ワンと読みます)は、modified Tenneille Serum Replacer 1の略で、Wisconsin-Madison大学の研究ファンドであるWiCell™ Research Instituteで開発された信頼ある培養技術を、STEMCELL Technologies社とベクトン・ディッキンソン社のコラボレーションで製品化したものです。
mTeSR1は「Corning® Matrigel® hESC-Qualified Matrix」とコンビでご利用いただけます。

※注釈:
mTeSR1の開発当時、Matrigel®はベクトン・ディッキンソン社より販売されていました。現在、Matrigel®のご購入・お問い合わせは、コーニングインターナショナル(株)様までお願いいたします。

また、マトリックスにはMatrigel以外に、ヒト組み換えタンパク質のLaminin-521 (BioLamina社、BLA-LN521-02)、および、Vitronectin XF(ST-07190)もご利用いただけます。

フィーダー細胞を用いた培養システムの課題

フィーダー細胞を用いたヒトES/iPS細胞培養には、以下の課題があげられます。

  • フィーダー細胞を維持する技術者の負担
  • MEF細胞(マウス胎仔線維芽細胞)のバッチ間差
  • フローサイト解析、核酸精製、Lysate、ダウンストリーム解析等にフィーダー細胞が邪魔
  • ES細胞の自発的な分化を促進する可能性
  • トランスフェクション効率を低下させる可能性

mTeSR1の特長と利点

Proven

世界50か国以上、1,500報以上の論文で使用実績
ヒトES/iPS細胞におけるCRISPR/Cas9 ゲノム編集にも使用実績あり

Published WiCell™ Formulation

ヒトES研究のフィールドリーダーによる信頼性の高い培地組成

*WiCell™:
Wisconsin-Madison大学(UWM)の研究ファンドであるWiCell™ Research Institute。
幹細胞研究を専門にし、アカデミア向けの細胞提供や、The National Stem Cell Bankの運営を行っています。

Feeder-free

フィーダー細胞によるばらつきを排除
フィーダー細胞のメンテナンスが不要で、研究効率を大幅にアップ

Serum-free

血清スクリーニングにかかる時間とコストの削減

Defined & qualified components

高い品質、信頼性、再現性を保証

mTeSR™1-compatible Matrigel™ qualified for hESC

「Corning® Matrigel® hESC-Qualified Matrix」との組み合わせで、ロット間差に悩まされることなく安定した培養。
「Laminin-521」との組み合わせで、Definedな条件下、ROCK inhibitorなしの単層培養が可能。増殖効率が向上し、長期培養も可能。

 

No addition of other factors required

他の増殖因子を添加不要な完全培地で、便利で簡単

Medium manufactured by STEMCELL Technologies

STEMCELL Technologies社は造血幹細胞コロニーアッセイ培地での標準化でよく知られる、信頼性の高いサプライヤー

Manufactured under cGMP

製造環境と工程がcGMP品質管理システムの下で厳密に管理された、より信頼性の高い製品としてお届け(2017年より)

毒物・劇物非該当

2-メルカプトエタノール(毒物)、メタバナジン酸アンモニウム(劇物)不含(2015年より全ロット対象)

 

mTeSR1による培養 データ例

※ いずれもmTeSR1 - cGMP(製品コード:ST-85850)で培養したヒトES/iPS細胞のデータです。

正常な形態を維持

mTeSR1で培養した未分化のH1ヒトES細胞株(左)とWLS-1C ヒトiPS細胞株(右)は、正常な形態を示します。

ST-85850_morphology.jpg

長期継代培養でも未分化性を維持

8 – 10継代培養したヒトES細胞株(H1、H9)とヒトiPS細胞株(WLS-1C)は、未分化マーカーの発現を維持します。

ST-85850_Undifferentiated_Cell_ markers.jpg

長期継代培養でも正常な核型を維持

mTeSR1で11継代培養した(A)H1 ヒトES細胞株と(B)WLS-1C ヒトiPS細胞株の染色体解析の結果です。
いずれも正常な核型を維持します。

ST-85850_Karyotype.jpg

 

関連情報

関連製品

記事に関するお問い合わせ