注目の製品情報

2018/07/26

Laminin-521:多能性幹細胞の生存率・増殖効率アップに最適なマトリックス

  • 用途別細胞培養

ラミニン(laminin)は、in vitroで細胞とマトリックスの相互作用を、生体内と同じ環境(ニッチ)を再現することで、細胞の機能改善に役立ちます。ラミニンは、ほぼすべての細胞の成長・サポートに関わります。

なぜ幹細胞の培養にLaminin-521なのか?

ROCKi不要でヒトES/iPS細胞のシングルセル継代を容易に可能

BioLamina社のLaminin-521(LN521)は、細胞培養のマトリックスとしての完全長なヒト組み換えラミニンです。ヒト多能性幹細胞(ヒトES/iPS細胞、hPSCs)と間葉系幹細胞(MSCs)のフィーダフリー培養に、ゼノフリーかつdefinedな条件で最適な環境を提供します。Laminin-521での培養時にはROCK阻害剤(ROCKi)の添加は不要です。
Laminin-521でのシングルセル継代のhPSCs培養系は、培地に依存せず週末の培地交換も不要となります。また、均一な多能性および安定的な核型を持つ細胞が得られます。

 

幹細胞の生体内と同じ環境を再現可能

ラミニンはほぼすべての細胞を囲む基底膜の糖タンパク質です。細胞表面受容体を結合し、細胞シグナル伝達カスケードを活性化するため、より機能的で本格的な細胞をもたらします。
ヒト初期胚の内部細胞塊(inner cell mass:ICM)から発現、分泌されるLaminin-521は、生体内の幹細胞環境の重要な基底膜タンパク質です。従って、ヒト多能性幹細胞の信頼的な増殖および細胞系統への分化に維持することが可能となります。さらに、異なるヒト多能性幹細胞株間の多能的な遺伝子発現プロフィールを安定化および均一化することに関して、プラス効果をもたらします。

1093_Laminin-521_Fig1.jpg

Laminin-521の特長

  • ゼノフリーかつ組成が明らかな生体内の環境を模倣した細胞培養システムで、安定した結果が得られる
  • 単層培養で自発的分化もなく、余計な作業が不要
  • ROCK阻害剤不要で、簡単で確立されたシングル化細胞継代法
  • 230継代後も核型が正常で、安定した増殖を示す
  • 4日間で10倍という高効率な増殖はスケールアップに最適
  • ロット間差が最小限に抑えられ、データの信頼性が高い
  • ヒト多能性幹細胞株の樹立実績多数
  • さまざまな市販培地での実績あり(mTeSR1、TeSR2、NutriStem, E8、StemPro)
  • 培地や酵素に依存しない汎用性
1093_Laminin-521_Fig2.jpg

 

Laminin-521 データ紹介

ヒト多能性幹細胞をモノレイヤーで増殖

Laminin-521でロバストかつ均一なヒト多能性幹細胞をモノレイヤーでの増殖を実現します。

1093_Laminin-521_Fig3_left.jpg
1093_Laminin-521_Fig3_right.jpg

Laminin-521で高効率な細胞増殖

Laminin-521で培養した細胞は、他の細胞外マトリックスに比べて効率よく増殖します。

1093_Laminin-521_Fig4.jpg

 

Laminin-521でヒト多能性幹細胞の自発的な分化なし

Laminin-521で培養した細胞は、他の細胞外マトリックスと比べて明らかに分化(DAPI:青)せずに多能性(Oct4+:ピンク)をもちます。

1093_Laminin-521_Fig5.jpg

 

Laminin-521でより高い生存率を実現

Laminin-521で培養した細胞は、他の細胞外マトリックスと比べて高い生存率を示します。

1093_Laminin-521_Fig6.jpg

 

参考文献

  • Clonal culturing of human embryonic stem cells on laminin-521/E-cadherin matrix in defined and xeno-free environment. Rodin et al. Nat Commun. 2014
  • Monolayer culturing and cloning of human pluripotent stem cells on laminin-521 based matrices under xeno-free and chemically defined conditions. Rodin et al. Nature Protocols. 2014
  • a-5 Laminin Synthesized by Human Pluripotent Stem Cells Promotes Self-Renewal. Laperle et al. Stem Cell Reports, 2015
  • Higher-Density Culture in Human Embryonic Stem Cells Results in DNA Damage and Genome Instability. Jacobs et al. Stem Cell Reports, 2016
  • Laminin 521 stabilizes the pluripotency expression pattern of human embryonic stem cells initially derived on feeder cells. Albalushi et al. Stem Cell International, 2017

関連情報

関連製品

記事に関するお問い合わせ