注目の製品情報

2018/07/23

ラミニン(Laminin-111~521) 細胞機能の改善に細胞種特異的なマトリックス

  • 用途別細胞培養

ラミニン(Laminin、LN)は、細胞機能の改善に細胞種特異的なマトリックスとして、ほぼすべての細胞の成長・サポートに関わります。BioLamina社では、様々な用途向けにゼノフリーかつdefinedな組成の組換えラミニン(細胞培養時の基底膜)の広範なポートフォリオ(Laminin-111、211、221、332、411、421、511、521およびLAMscreen)を提供しています。

ラミニンの構造・機能

ラミニンの構造を模式図で表したものです。

1088_laminin-1.jpg
  • 細胞特異的なマトリックス:異なる組織に対しての異なるサブユニットの正しい組合せ(Laminin-αβγ)は、細胞の安定な増殖を支持
  • 細胞間の相互作用へ関与:細胞接着、遊走、増殖、分化、表現型の維持およびアポトーシスの防止に関与
  • 細胞培養に生体内と同じ環境を再現:幹細胞の多能性・分化した細胞の生物学的特徴を維持可能

ラミニンの細胞培養アプリケーション

BioLamina社は、ヒト多能性幹細胞(ヒトES/iPS細胞、hPSC)および様々な分化した細胞(肝細胞、骨格筋細胞、神経細胞など)の信頼性の高い増殖・分化・維持に、組換えラミニン(細胞培養時の基底膜)を提供しています。

1088_laminin-2.jpg

 

完全長ラミニン(全長のラミニン分子)のみ、体内と同じ環境を再現可能

BioLamina社のラミニンは、唯一のオリジナルな完全長・組み換えラミニンです。分画/切断されたラミニン分子(部分長ラミニン)または組織から単離されたラミニンは、多くのラミニンドメインを欠いています。
一方で、完全長ラミニンのみがより本格的な細胞培養環境を創り出すことが可能です。

ラミニン使用のアドバンテージ

  • 完全長ラミニン:完全長ラミニンのみ、生体内環境を再現可能
  • ヒトHEK293細胞を用いてラミニンを産生:得られたラミニン糖鎖のパターンがヒトと同じで、培養に安心
  • 高純度かつ増殖速度が速い
  • ROCK阻害剤不要
  • 培地や酵素に依存しない汎用性
  • ゼノフリーかつdefinedな組成
  • ロット間差が最小限に抑えられ、データの信頼性が高い
  • 体内と同様の細胞表現型
  • フレキシブルな培養系・培養管理が容易
  • インパクトファクターが高い論文で実証済み

Lamininに関連したレビュー

関連情報

関連製品

記事に関するお問い合わせ