注目の製品情報

2017/09/29

IntestiCult:「7日以内で」3次元モデルのヒト腸管オルガノイドを形成・維持用培地

  • 用途別細胞培養

Matrigelを利用した3次元(3D)培養技術によりin vitroで作成された「ミニ」臓器(脳、肝臓、胃、心臓、腎臓など)ともいわれるオルガノイドは、疾患プロセスのin vitroモデリングおよび薬物試験等、広範囲の用途に利用されています。最近、in vitroで作成した肝臓および小腸オルガノイドがマウスへの移植が成功したことから、「ミニ」臓器は生体内でも正常に機能することが示唆されました。腸管オルガノイドは、腸上皮の発生と機能の研究、腸疾患モデル、標的低分子スクリーニング、さらには腸管上皮幹細胞の特性や、再生医療の研究など、様々なアプリケーションにご利用いただけます。
STEMCELL Technologies社の「IntestiCult」培地を用いると、腸陰窩(intestinal crypts)から3D腸管オルガノイドが7日間で得られます。
本稿では、ヒト用のIntestiCultについてご紹介します。

3D腸管オルガノイドのメリットとは

3D腸管オルガノイドのメリット

  • 2D培養よりも体内の複雑な微小構造および機能を模倣
  • 動物モデルよりもコストを削減し、時間を短縮
  • 共培養(腸内細菌、他の組織)でin vivoの複雑な相互作用の研究モデルを形成
0991_Intestinal_organoid.jpg

ヒト用「IntestiCult」について

IntestiCult Organoid Growth Medium (Human) (製品コード:ST-06010)は、ヒト腸陰窩(intestinal crypts) に由来する腸オルガノイドを効率よく形成し、長期培養するための完全培地です。腸管オルガノイドは幹細胞ニッチ環境のような細胞培養条件で培養できます。LGR5+ 腸管幹細胞を速く増殖増殖させ、ヒト腸管オルガノイドの効率的な継代培養が可能になります。

IntestiCultの特長

  • 短時間:安定して継代可能な腸管オルガノイド7日以内で形成!
  • コンプリートキット:サイトカイン・成長因子の添加不要
  • EASY-TO-USE:簡易なin vitro培養系、最適化されたシンプルなプロトコール
  • 得られたオルガノイド:Forskolin Swelling Assay* で機能的な評価が可能

データ例

効率的な腸オルガノイドの成長

0991_growth.JPG

0991_IntestiCult-3.JPG

IntestiCult Organoid Growth Medium (Human) ST-06010を用いて、ヒト結腸生検サンプルから分離した初代オルガノイドを増殖培養させた画像(A~D)。オルガノイド複数継代後の成長率(E)初代P1:48.8 ± 4.5%;P2:85.4 ± 1.4%;P3:96.5 ± 3.9% (n=3-4) 。

 

腸管上皮マーカーのタンパク質の局在化

0991_IntestiCult-4.JPG

IntestiCult Organoid Growth Medium (Human) で培養したオルガノイドの上皮層には、活発に増殖する前駆細胞(Ki67+)が存在する(免疫染色像)。

 

Forskolin Swelling Assayで機能的な評価が可能

0991_IntestiCult-5.JPG

ヒト腸オルガノイドを(A)5 μMフォルスコリンまたは(B)DMSOで処置し、オルガノイドの面積を0分および120分で測定した。(C)フォルスコリン処理オルガノイドの面積は、DMSO処置オルガノイド(7.5 ± 0.8 %)と比べて増加(33.5 ± 3.8 %, n=3)した。

 

関連情報

関連製品

記事に関するお問い合わせ