STEMCELL Technologies IntestiCult IntestiCult Organoid Growth Medium (Mouse)

  • 研究用

「IntestiCult™による腸内ウイルス感染の研究」最新情報

IntestiCult™ Organoid Growth Medium (Mouse)は、マウス腸オルガノイドの効率的な樹立と長期間の維持のための、definedな組成の無血清培地です。これらのオルガノイド、または「ミニ腸」は、小腸と大腸の上皮とそれに関連する幹細胞の動態を研究するための便利なin vitro器官培養系を提供します。IntestiCult™で成長したオルガノイドは、成体の腸管上皮のすべての既知の細胞型を含む極性化した上皮を特徴としています。IntestiCult™ Organoid Growth Medium (Mouse)で培養すると、個々の腸陰窩が急速にオルガノイドを形成します。これらの培養の応用例として、正常および腫瘍形成性腸上皮の発生と機能の研究、腸疾患のモデル化、ならびに幹細胞特性および再生療法アプローチの研究があります。オルガノイド培養により、成体の腸と強い生理学的関連性を持つ系で簡便にin vitro特性解析をすることが可能になります。

2018/05/14 12:00の製品情報

VERI+NETのご注文はこちらから

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

  • 成体腸管上皮の特徴と組織を再現した、簡易なin vitro 培養系
  • 無血清でdefined な培地組成で、高い再現性を実現
  • 1週間以内で腸管オルガノイドを形成可能
  • シンプルなフォーマットと簡便なプロトコール

腸管オルガノイドのアプリケーション

  • 腸管幹細胞研究
  • 腸疾患
  • 成体幹細胞研究
  • 遺伝子治療のための基礎研究
  • 創薬スクリーニング

5日培養後のマウス腸管上皮オルガノイド

06005_mouse_organoid.jpg

Technical Tips:

詳細なプロトコールは、製品添付文書のほかTechnical Bulletinをご参照ください。

IntestiCult Organoid Growth Medium (Mouse) の完全培地に、1mM バルプロ酸(Valproic acid)および1μM CHIR99021を添加することで、マウス腸管オルガノイドの培養効率が向上する場合があります。
参考文献: Yin X, et al. Niche-independent high-purity cultures of Lgr5+ intestinal stem cells and their progeny. Nat Methods. 2014 Jan;11(1):106-12.

技術資料

製品関連文献

よくある質問

マウス用IntestiCultのオルガノイド作成効率が悪いのですが、何か気を付ける点はありますか?

継代に際してのおもなコツは以下の通りです。
・オルガノイドの付着を防ぐため、GCDR(Gentle Cell Dissotiation Reagent)であらかじめチップ表面を濡らしてから操作します。
・細胞ペレットの吸引を回避するため、GCDRでインキュベーションして遠心したあとはデカンテーションでGCDRを除きます(GCDRが多少残っても、DMEMによる洗浄で除かれるので大丈夫です)。
・1回目の遠心(290 x g)で大小のフラグメント、シングルセルなど全てをペレットにし、2回目の遠心(200 x g)でデブリやシングルセルを上清に残して培養物(オルガノイド)をきれいにします。
・オルガノイドの密度が低い場合split ratioを低くしても構いません(例:1:4 ~ 1:1)。
・継代および凍結のステップにおいてオルガノイドのロスが見られるようなら、あらかじめmedium + 1% BSAで濡らしたチップを使用してください。

詳細については、以下のマニュアルもご参照ください。

http://www.stemcell.com/media/files/techbulletin/TB28223-Intestinal_Epithelial_Organoid_Culture_with_IntestiCult_Organoid_Growth_Medium_(Mouse).pdf



開く閉じる

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。