ラーニングコーナー

2018/10/09

免疫沈降(IP)法で試薬を選択する際のポイントと留意点「Dynabeads Protein A/G」

  • タンパク・核酸発現解析

免疫沈降(IP)で用いられる試薬は複数ありますが、最近研究者に一番愛用されているのは磁気ビーズ法です。磁気ビーズ法での免疫沈降に関する知識を勉強しましょう!

免疫沈降(IP)とは

免疫沈降(IP)は、特異的な抗体との相互作用を介して溶液から標的タンパク質を捕捉するために広く使用されている手法です。

Dynabeads IP.jpg

免疫沈降(IP)の種類

免疫沈降は免疫沈降(IP)、クロマチン免疫沈降(ChIP)、共免疫沈降(CoIP)およびRNA結合タンパク複合体の免疫沈降(RIP)などの複数種類があります。

Dynabeads IP_1.JPG

ChIP / RIPはゲノミクス(genomics)からプロテオミクス(proteomics)までのギャップを橋渡ししています。

免疫沈降(IP)のワークフローと関連情報

IPのワークフローは、Dynabeads Protein A / Gの準備から、抗体の結合、抗原の免疫沈降および、標的抗原の溶出まで、4つのステップがあります。

dynabeads IP_3.JPG

免疫沈降(IP)法を選択する際のポイント

  • 容量/収量—磁気ビーズはセファロースやアガロースよりも抗体の使用量を大幅に削減しつつ、収量はより高く、非特異的バックグラウンドを下げる事ができます。磁気ビーズは滑らかなビーズ面に全ての抗体がアクセスできるため、結合能力の最適化、収量の向上、非特異的バックグラウンドの低下が容易です。
  • バックグラウンド—Dynabeads(ダイナビーズ)を用いる事で、ほぼゼロに抑えることができます。抗体のアクセス性に優れているため、非特異的なバックグラウンドは低く抑えられ、結合能力および収量が向上します。
  • コスト—使用する抗体の量も考慮に入れた場合、磁気ビーズを利用する際の1サンプルあたりのコストはセファロースと同等と言われています。または、一般的に事前洗浄(プレクリア)のステップを省略できるためにさらにコストを下げられます。
  • 複雑性—通常、IP(例えば Co-IP、ChIP/ChiP-Seq、RIP)が複雑になるほど、磁気ビーズを使用する利点も増えます。

Dynabeads:免疫沈降(IP)のゴールドスタンダード

 簡便・迅速(免疫沈降:~40分)

→ 低い非特異結合およびバックグラウンド

→ タンパク質を迅速に分離

→ 再現性のある結果

dynabeads IP_4.JPG

「Dynabeadsサンプル+Trial Magnet」無料キャンペーン中!

実施日程:2018.11.01~2018.12.31

「Dynabeadsサンプル+Trial Magnet」無料キャンペーン中!

Dynabeadsを使用した「研究者の声」

関連情報

関連製品

記事に関するお問い合わせ