STEMCELL Technologies STEMdiff STEMdiff Neural Crest Differentiation Kit

  • 研究用

STEMdiff Neural Crest Differentiation Kitは、ヒト胚性幹(ES)細胞および人工多能性幹(iPS)細胞を神経堤細胞(神経冠細胞、Neural crest cell、NCC)に分化させるための無血清培地です。
SOX10やCD271などのマーカーを特徴とする神経堤細胞は、感覚ニューロン、シュワン細胞、腸ニューロン、頭蓋顔面ニューロン、メラノサイト、骨細胞、軟骨細胞を含むいくつかの下流の派生物に分化できます。
この培地はmTeSR1(ST-85850)、mTeSR Plus(ST-05825)またはTeSR-E8(ST-05990)のいずれかで維持されたヒトES、またはiPS細胞をもちいて培養することができます。

2018/05/14 12:00の製品情報

ベリタス会員になると製品スペックを会員ページに登録(チェックリスト)が可能になり、販売価格を見ることができます。

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

特長

  • 迅速 ― 簡便な単層プロトコルを用いて、わずか6日間で神経堤細胞を形成
  • 効率的 ― 多能性の神経堤細胞が70%を超える純度で形成(※)
  • 多能性 ― 末梢ニューロン、軟骨細胞、骨芽細胞などへさらに分化させることが可能
  • 汎用性 ― mTeSR1、mTeSR Plus、またはTeSR-E8で維持されているヒトESおよびiPS細胞から培養に適応

※ SOX10+神経堤細胞が70%以上(同時にCD271+, TFAP2+, HNK1(CD57)+, FOXD3+)、かつPAX6+ 神経外胚葉性細胞が20%未満

STEMdiff Neural Crest Differentiation Kit によるワークフロー

ヒト多能性幹細胞をSTEMdiff™ Neural Crest Differentiation Mediumで6日間培養することでNCCが生成されます。その後、下流の目的のアプリケーションに応じた増殖のために、STEMdiff™ Neural Crest Differentiation MediumまたはMesencult™ ACF-Plus Mediumを用いて、シングルセル継代をさらに3回おこなうことができます。

NCD1.JPG

STEMdiff Neural Crest Differentiation Kitのデータ例

CNS型の前駆細胞を最小限に抑え、高純度のNCC集団を生成

08610-Fig2.jpg

STEMdiff™ Neural Crest Differentiation Kitでの培養6日後、神経堤細胞(SOX10+, 赤; CD271+, 水色)はCNS型前駆細胞(PAX6+, 緑)より多くなりました。

(A)6日目に継代し2日後に固定した細胞の免疫蛍光チャネル重ね合わせ画像。個々のチャネルは、(B)DAPI、(C)PAX6、(D)SOX10、(E)CD271です。

複数のESおよびiPS細胞株にわたって高純度(>70% SOX10+)の神経堤細胞分化を促進

NCD2.JPG

(A)6日目のNCC形態を示す代表的な明視野および免疫細胞化学画像。NCC培養物はフェーズダーク形態を示し、神経堤マーカーSOX10およびCD271に陽性です。PAX6+ 神経外胚葉細胞はほとんど含まれません。

(B)SOX10+ およびPAX6+ 細胞の割合の定量化。 mTeSR™1またはTeSR™-E8™で維持されているhESCおよびhiPSC系統のSOX10+ NCCへの効率的な変換(85.5±1.6%; 平均±SEM; n = 9)非常に低いレベルのPAX6+ 神経外胚葉細胞(5.6±0.7%;平均±SEM; n = 9)が観察されました。 数値は、タイル化された画像のDAPI全体に対して正の割合です。 ドットは、個々の実験の結果を示します。

hPSC由来の神経堤細胞は多能性で、軟骨細胞、骨芽細胞、および末梢神経細胞へ分化可能

NCD4.JPG

(A)細胞周囲の軟骨の沈着を示すアルシアンブルー/核ファストレッドで染色された軟骨細胞ペレットでは合計4つのhPSC株がこの系統に正常に分化しました(STiPS-M001をここに示しています:X10)。

(B)アルカリホスファターゼ陽性ミネラル沈着を示す骨芽細胞培養では、合計4つのhPSC株がこの系統に正常に分化しました(STiPS-M001をここに示しています:X4)。

(C)12日間の分化後の末梢ニューロンでは、細胞体および軸索に沿った高いペリフェリン(緑色)発現を伴うニューロンを形成しました(X10)。これらの細胞の一部は、核(青)でBRN3a(赤)も発現し、合計6つのhPSC株がこの系統に正常に分化しました(STiPS-M001をここに示しています)。

技術資料

よくある質問

STEMdiff Neuralはガラス底で使用できますか?

本製品のガラス底96ウェルプレートでの使用につきまして、STEMCELL Technologies社では評価しておりませんが、poly-L-ornithine (for neurons) およびMatrigel hESC-qualified Matrix (for astrocytes)でプレートをコーティングできれば、お試しいただけると考えております。
ガラス面への細胞接着が上手くいくかどうかは、ガラスの種類、ラミニンの濃度、poly-L-ornithineを希釈するバッファーなど、いくつかの因子に依存します。
STEMCELL Technologies社のプロトコールを元に、ガラスに最適な条件をまずはご検討ください。

開く閉じる
STEMdiff APEL2 MediumでヒトiPS細胞から血球分化する際に、PFHMの添加が必要ですか?

ヒトiPS細胞からの血球分化の際には5% PFHM (Gibco® PFHM-II, Thermo Fisher Catalog #12040077)の添加が必要な可能性が高いです。
ただし、予め条件検討をお願いいたします。
添加する場合は5 mLのPFHMを100 mLのAPEL2に加えてください。

※ ヒトiPS細胞から造血前駆細胞へ分化させる培地「STEMdiff Hematopoietic Progenitor」(製品コード:ST-05310)もございますのであわせてご検討ください。

開く閉じる

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。