ラーニングコーナー

2017/07/13

神経細胞を生きたまま標識できる蛍光プローブ NeuroFluor NeuO / NeuroFluor CDr3

  • 用途別細胞培養

STEMCELL Technologies社では、神経細胞を「生きたまま」で蛍光標識が可能なプローブ「NeuroFluor NeuO」(神経成熟・ニューロン向け)および「NeuroFluor CDr3」(神経誘導、神経前駆細胞向け)を取り扱っております。

NeuroFluor NeuO

NeuroFluor NeuO(製品コード:ST-01801)は、マウス・ラット・ヒトのプライマリーニューロンおよび多能性幹細胞(hPSC)由来のニューロンを固定処理せずに生きたまま標識可能な膜透過性蛍光プローブです(Ex 468 nm、Em 557 nm)。標識した細胞は蛍光イメージングで観察できます。NeuroFluor NeuOは無毒で、洗浄操作により除去できます。蛍光プローブを除去した生細胞は、下流アプリケーションに使用可能です。

NeuroFluor NeuOの特長

  • No Fixation:マウス・ラット・ヒト神経細胞を固定せずに生きたまま標識
  • Non-permanent:細胞毒性がなく、プローブを細胞から除去可能
  • Versatile:ヒト多能性幹細胞由来神経細胞の分化確認に使用可能
  • Functional:培養細胞にも生きたまま標識可能
  • Convenient:簡便なプロトコールを提供

NeuroFluor NeuO データ例

NeuroFluor NeuOで染色したヒトiPS由来ニューロン

(A)ヒトiPS由来神経前駆細胞(XCL-1)をSTEMdiff Neuron Maturation Mediumで18日間培養後、NeuroFluor NeuO(緑色)で染色
(B)同サンプルを固定してβ-tubulin III(赤色)で染色

0964_01_NeuO_image.jpg

A、BともにDAPI(核:青色)との対比染色、倍率:20X

NeuroFluor NeuOの蛍光特性

0964_02_NeuO_wavelength.gif

Ex 468 nm、Em 557 nmです。

NeuroFluor NeuOのアプリケーション

  • ヒト多能性幹細胞から分化させた神経細胞を固定せずに生きたまま標識
  • NeuOの静脈内注射によるマウス脳の組織切片の標識
  • 電気生理学実験のために神経細胞体の位置確認
  • FACSを用いて齧歯類の脳組織から生きたニューロンの単離

 

NeuroFluor CDr3

NeuroFluor CDr3(製品コード:ST-01800)は、プライマリーおよび多能性幹細胞から誘導された神経前駆細胞を固定処理せずに生きたまま標識可能な膜透過性蛍光プローブです。マウス・ラット・ヒトの Fatty Acid Binding Protein 7(FABP7)に特異的に結合します(Ex 579 nm、Em 604 nm)。標識した細胞は、蛍光イメージング・フローサイトメトリーでの定量解析・FACSでの分離に使用可能です。NeuroFluor CDr3蛍光プローブは無毒で、洗浄操作により除去できます。ヒト多能性幹細胞から神経誘導への確認に有用です。

NeuroFluor CDr3の特長

  • No Fixation:マウス・ラット・ヒト神経前駆細胞を固定せず生きたまま標識
  • Non-permanent:細胞毒性がなく、除去可能
  • Versatile:ヒト多能性幹細胞由来の神経への誘導確認に使用可能
  • Functional:培養細胞にも生きたまま標識し、蛍光イメージ・FACS解析可能
  • Convenient:簡便・迅速な標識プロトコールを提供

NeuroFluor CDr3 データ例

NeuroFluor CDr3で染色したマウス由来ニューロスフィアから得られた生細胞のフローサイトメーターメトリー解析

0964_03_CDr3_image.jpg

 

NeuroFluor CDr3(赤色)で染色したヒトPSC由来神経前駆細胞

左:NeuroFluor CDr3の単色、右:NeuroFluor CDr3と核染色(DAPI:青色)をマージした画像。

0964_04_CDr3.jpg

 

使い分けの目安

神経分化の各段階でのNeuroFluor NeuO と NeuroFluor CDr3の使い分け

0964_05_NeuroFluor_selection.png

参考文献

  • Er J et al. (2015) NeuO: A fluorescent chemical probe for live neuron labeling. Angewandte Chemie 54(8): 2442–6.
  • Leong C et al. (2013) Neural stem cell isolation from the whole mouse brain using the novel FABP7-binding fluorescent dye, CDr3. StemCell Res 11(3): 1314–1322.
  • Yun S-W et al. (2012) Neural stem cell specific fluorescent chemical probe binding to FABP7. Proc Natl Acad Sci 109(26): 10214–10217.

    関連情報

    関連製品

    記事に関するお問い合わせ