注目の製品情報

2018/11/09

NGSライブラリー調製のゴールドスタンダード「Dynabeads Streptavidin」

  • タンパク・核酸発現解析

次世代シーケンシング(NGS)または、第三世代シーケンシング(ロングリードNGS)のプロトコールに採用された「Dynabeads Streptavidin」は、発売以来20年以上にわたり広い分野で使われており、多様なアプリケーションにおいて数千の文献で引用されています。

次世代シーケンシング(NGS)とは

次世代シーケンシングまたは、第二世代シーケンシングと呼ばれるNGS(Next Generation Sequencing)のスループットは、第一世代のシークエンシング技術と比較して大幅に向上しました。NGS技術は、圧倒的にシークエンシングのコストを削減し、シークエンシング速度も大幅に改善され、高い精度を維持することができます。

ヒトゲノム解読の国際プロジェクトでは、塩基配列の解読に13年という時間と、30億ドルもの費用を費やしましたが、NGSでは、1000ドルほどの費用で数日間で解析可能となってきました。

Dynabeads Streptavidinを用いたライブラリー調製のワークフロー

DNAライブラリー構築はNGSプロセスの重要なステップです。正確な配列決定結果を得るためには、ライブラリーDNAは十分な収量と品質が必要です。NGSライブラリー調製のゴールドスタンダードである「Dynabeads Streptavidin」を使用することにより、高品質なDNAライブラリーの構築が可能です。

Dynabeads Streptavidin.png

Dynabeads Streptavidinが選ばれる理由

  • 高感度、高収量、高再現性
  • 粒径の均一性、信頼性、自動化への応用
  • 非特異が少ない
  • ラインナップの豊富さ
    ー 粒径 2.8 μm、1 μm
    ー 親水性ビーズ、疎水性ビーズ

Dynabeads Streptavidinシリーズラインナップ

目的に合わせたビーズをお選び頂けます。詳しくはこちら>>

Dynabeads Streptavidin-1.png

「Dynabeads Streptavidin」について、よくあるご質問

Dynabeads Streptavidin」について、よくあるご質問はこちら>>をご参照ください。

Dynabeads「無償サンプル・トライアルマグネット」・年末キャンペーン情報満載

対象製品:「Protein A/G」、「Streptavidin」、「Human/Mouse T-activator」

関連リンク

関連製品

記事に関するお問い合わせ