注目の製品情報

2018/12/05

T細胞活性化・増殖のワークフローと「Dynabeads T-activator」の使い分け

  • 用途別細胞培養

T細胞活性化は、がん免疫・自己免疫疾患、アレルギー反応および、免疫学の研究分野で一般的に利用されています。

T細胞活性化(in vivo vs. ex vivo)

T細胞は、生体内(in vivo)で抗原提示細胞(APC)によって活性化されますが、Dynabeadsを用いることにより、体外(ex vivo)でAPCを介さずT細胞活性化・増殖が可能になります。

Dynabeads T-Activatorは、生体内でのAPCによるT細胞活性化を模倣するというテクノロジーで、体外でヒトまたはマウスT細胞を効率的に活性化させます。

Dynabeads T-activator.png

Dynabeads T-activatorを用いたT細胞活性化・増殖のワークフロー

Dynabeadsを用いたT細胞活性化・増殖は3ステップで極めて容易です!

① ビーズ添加 → ② T細胞活性化・増殖 → ③ 増殖したT細胞をリリース

Dynabeads T-activetor steps.png

Dynabeadsは、CD3/TCRとCD28への共刺激シグナルを提供します。活性化・増殖されたビーズフリーT細胞は、細胞機能を保持しており、培地交換・ビーズを添加する事で、数回の再刺激(活性化)が可能となります。

Dynabeads T-activatorで活性化されたT細胞

下記のイメージは、Dynabeads T-Activator CD3/CD28およびDynabeadsで活性化されたT細胞の様子を示しています。

Dynabeads T-activator CD3 CD28.png
Dynabeads T-activator CD3 CD28-.png

Dynabeads T-Activator CD3/CD28でT細胞が活性化・増殖される様子のビデオおよび、他社製品との比較データはこちら>>をご参照ください。

Dynabeads T-activatorラインナップおよび、使い分け

目的に合わせたビーズをお選び頂けます。

製品名

Dynabeads Human T-Activator CD3/CD28

Dynabeads Human Treg Expander

Dynabeads Human T-Activator CD3/CD28/CD137

Dynabeads Human T-Expander CD3/CD28

製品コード

DB11161 / DB11131 / DB11132

DB11129

DB11162 / DB11163

DB11141

容量

0.4 mL / 2 mL / 5 x 2mL

2 mL

20 tests / 100 tests

1 x 10^8 個/mL

用途

ポリクローナルT細胞の活性化・増殖

制御性T細胞の活性化・増殖

抗原特異的T細胞の増殖

ポリクローナルT細胞の分離・増殖

グレード

Researchグレード

Researchグレード

Researchグレード

cGMPグレード品のResearchグレード版(CTSと同一クローン由来の抗体が同量含まれる)

サンプル

任意のサンプルから分離された
ピュアなT細胞

任意のサンプルから分離された
ピュアな制御性T細胞

T細胞株または、T細胞クーロン

任意のサンプルから分離されたピュアなT細胞、ヒト凍結PBMCが望ましい

処理細胞数

4×10^7cells/mL ビーズ

5×10^6cells/mL ビーズ

5×10^6 cells/mL ビーズ

3.3×10^7 cells/mL ビーズ

ビーズ:T細胞(活性化・増殖)

1:1

4:1

1:10

3:1

マウスT-activatorはこちら>>をご参照ください。

Dynabeads T-activatorを使用するメリット

  • コントロールが容易:刺激の期間や強さを容易に調整可能
  • 効率と使用の簡便さ:フィーダ―細胞を使用せずに簡単に14日間で最大3000倍もの増幅が可能
    ※細胞によって異なります
  • 信頼性:従来法にはない高い再現性
  • 生理的条件での活性化:CD3/TCRとCD28への共刺激シグナルを誘導

「Dynabeads T-activator」について、よくあるご質問

「Dynabeads T-activator」について、よくあるご質問はこちら>>をご参照ください。

Dynabeads「無償サンプル・マグネット」・年末キャンペーン情報満載

対象製品:「Protein A/G」、「Streptavidin」、「Human/Mouse T-activator」

関連リンク

関連製品

記事に関するお問い合わせ