ベリタスからのお知らせ

2021/04/27

HLA Fusion解析用ファイルの更新案内

One Lambdaより、HLA Fusionをもちいた解析に必要な血清型ファイルの最新版 (2021 January版) が配布されました。 2021 January版ではIMGT/HLAのアップデート (3.41.0→3.43.0) に伴い、アレル情報が更新されています。

血清型ファイルの更新に伴い、日本人アレルフィルタおよび各種カタログファイルも最新版へ更新してください。なお、日本人アレルフィルタはHLA 推定アレル一覧表(JSHI)2021年度版を基に作成しております。

マイクロSSP ABC/DRDQ JPN (SSPJPN) の早見表も、HLA 推定アレル一覧表(JSHI)2021年度版を基に作成いたしました。併せてご案内いたします。

 

LABScreen、LABType、SSP(JPN以外)をご使用の方

LABScreen, LABType, SSP(JPN以外) 血清型ファイル・日本人アレルフィルタ・インポート方法マニュアル

 

SSP JPNをご使用の方

SSPJPN用 血清型ファイル、日本人アレルフィルタ、マニュアル、早見表

 

注意:

  • 最新型の血清型ファイルはデータ量が増加したため、SSPJPNの解析結果が保存できないエラーが発生しております。大変恐れ入りますが、最新版の血清型ファイルでは解析ができません。
  • 旧版の血清型ファイルを基に2021年度のHLA推定アレル一覧表に対応した日本人アレルフィルタを作成いたしましたので、こちらをご使用ください。

※ 旧版の血清型ファイルではC*03:23NはC*03:23と表示されますので、C*03:23Nへ読み替えをお願いいたします。

 

LABTypeおよびJPN以外のSSP、SSPJPNの両方をご使用の方

HLA Fusionのデータベースを「LABType用」、「SSPJPN用」に分けてご用意ください。
各データベースに対応した血清型ファイル、日本人アレルフィルタをインポートしてご使用ください。

 

LABType、LABScreen カタログファイル

下記のサイトへアクセスしてダウンロードをお願いいたします。

HLA Fusion カタログファイル

 

お問い合わせ先

バイオサイエンス本部 技術グループ
TEL: 03-5776-0040 音声案内後2→1の順でプッシュ(平日9:00 - 17:00)
メールフォームによるお問い合わせはこちら>>

 

記事についてのお問い合わせ