ラーニングコーナー

2020/06/16

間葉系幹細胞(MSC)の分離・培養・分化 【E-Learning】

  • 用途別細胞培養

間葉系間質細胞(MSC;間葉系幹細胞、または医療用シグナル伝達細胞としても知られる)は、インビトロでの自己複製および3系列への分化能が知られており、骨髄(BM)、臍帯(UC)、脂肪組織、および歯髄を含むいくつかの組織から単離することができます。
MSCは、細胞生物学における我々の知識をさらに深め、細胞治療薬としての潜在的な用途についても研究されており、近年では400を超えるさまざまな疾患の治療の臨床試験においてMSCが使用されています。現在、心臓病、糖尿病、癌、骨/軟骨、神経および免疫関連の障害などの疾患においてフェーズI / IIが実施されています

MSCは以下の特性を持ち細胞保護を付与できることから、細胞培養の魅力的な候補です。
1)培養による単離および増殖が容易である
2)炎症部位に戻ることができる
3)複数の中胚葉細胞型に分化することができる
4)免疫調節性をもつ
5)免疫原性が低い
6)広範囲のサイトカインおよび成長因子を分泌する

本稿では、MSCの分離・培養・分化についての知識やアプリケーションなどをご紹介します!

間葉系幹細胞(MSC)の分離

マウス緻密骨からのMSC分離

マウスMSCは、骨髄よりも緻密骨(compact bone)で高頻度に生じることが報告されています。
このビデオでは、マウスの緻密骨からMSCを分離する手順を説明します。

間葉系幹細胞(MSC)の培養

細胞培養のための低酸素環境

幹細胞の再生特性に関する知識を広げるため、in vitroにおいても生理学的条件を再現することが重要視されています。再現可能な生理学的状態の1つに、組織で見られる低酸素状態があります。
低酸素圧による培養への影響は、動物種や組織の由来に依存します。例えば、ヒトMSCにおいては、低酸素圧状態は表現型に影響せず、増殖動態と代謝には影響を与えることが報告されています。一方で、マウスMSCにおいては、低酸素圧状態が細胞表面マーカーの発現速度および増殖能力の両方に影響を及ぼすことが示されています。これらの知見は、生体内における生理学的条件を模倣することが重要であることを示しています。

Hypoxia chamberの設置方法

この動画では、インキュベーター内に設置するだけで低酸素条件を再現できるHypoxia Chamberについてご紹介します。

「間葉系幹細胞」のin vivoにおける秘密

間葉系幹細胞(MSC)、間葉系前駆細胞、および線維芽細胞はよく研究されていますが、細胞型は十分に定義されていません。
このオンデマンドウェビナーでは、恒常性と組織再生におけるMSCの生体内生理機能の研究について学べます。Fabio Rossi博士が、MSCの特性、および筋肉と心臓の修復と再生におけるMSCの役割について説明しています。
(視聴にはSTEMCELL Technologies社ホームページへのログインが必要です。)

MethCult8.png

多能性幹細胞からの間葉系幹細胞(MSC)誘導

間葉系幹細胞(MSC)は数が極めて少なく、骨髄細胞100,000個中1個という推定頻度でしか存在しません。そのため、MSC研究に十分な細胞量を得るためには、in vitro において高効率かつ高純度な増殖が必要です。MesenCultの増殖培地は、そのような条件を満たした性能を備えています。

組織からMSCを分離する以外では、多能性幹細胞から誘導したMSCを用いるアプローチが選択できます。たとえば、STEMdiff™ Mesenchymal Progenitor Kit なら、ヒト多能性幹細胞(hPSC)から間葉系前駆細胞(MPC)様の細胞を誘導し拡大培養することができます。下図は、21日間の培養ワークフローを示しています。

MesenCult Sch2.png

間葉系幹細胞(MSC)と疾患

骨髄骨格前駆細胞と骨疾患

このオンデマンドウェビナーでは、Sapienza大学のMara Riminucci博士が、線維性異形成などの骨格障害における骨髄骨格前駆細胞(間葉系間質細胞またはMSCのサブセット)の役割について説明します。
(視聴にはSTEMCELL Technologies社ホームページへのログインが必要です。)

webinar_mara_riminucci.png

間葉系幹細胞培地 MesenCultのご紹介

MSC研究を標準化

間葉系幹細胞の分離、培養、保存、分化までをトータルサポートするMesenCultを用いることで、MSCに関わる研究を標準化する(実験条件を一定にし、実験間のバラツキを最小にする)ことが可能になります。
こちらのビデオではMesenCult製品シリーズを紹介しています。

ヒトMSCのための動物性成分フリー培養システム

MesenCult-ACFは無血清・アニマルコンポーネントフリー(ACF)の、間葉系幹細胞の分離、培養、分化をトータルサポートする研究用培地です。
こちらのビデオではMesenCult-ACFの特長と性能を紹介しています(ISSCRで収録)。

関連リンク

関連製品

記事に関するお問い合わせ