STEMCELL Technologies STEMdiff STEMdiff Cerebral Organoid Maturation Kit

  • 研究用

STEMdiff™ Cerebral Organoid Kit(ST-08570)は、シンプルな4段階プロトコールでヒト多能性幹細胞(hPSC)由来の大脳オルガノイドを強力に生成することができる、definedな組成の無血清培地です。大脳オルガノイドは、発生中のヒトの脳を代表する細胞組成および構造的構成を有する3次元in vitroモデルです。STEMdiff™ Cerebral Organoid Kitは、Lancaster et al. (Lancaster MA et al. Nature USA, 2013 and Lancaster MA et al. Science USA, 2014)による組成に基づいており、オルガノイド形成の効率と再現性を高めるよう最適化されています。脳オルガノイド形成は、中間的な胚葉体(EB)形成の段階とそれに続く神経上皮の拡大によって開始されます。成熟後のオルガノイドは、脳室帯(PAX6+/SOX2+/Ki-67+)、外側脳室下帯(Ki-67+/p-Vimentin+)、中間帯(TBR2+)および皮質板(CTIP2+/MAP2+/TBR1+)などの皮質様領域がin vivoで見られるのと似た配向の層になることが特徴です。さらに長期間(> 40日)の培養には、オルガノイドの成熟に必要な成分をSTEMdiff™ Cerebral Organoid Maturation Kit(ST-08571)として購入できます。

2018/05/14 12:00の製品情報

VERI+NETのご注文はこちらから

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

大脳オルガノイド作成ワークフロー

STEMdiff Cerebral Organoid Maturation Kit(ST-08571)には、STEMdiff Cerebral Organoid Kit(ST-08570)で作製した大脳オルガノイドを40日以上の長期間培養し、成熟させるために必要な成分が含まれています。

08570STEMdiff_Cerebral_Organoid_Scheme.jpg

関連リンク

ヒト多能性幹細胞から「ミニ大脳」への分化・成熟培地

神経オルガノイドの培養

iPS細胞を用いた大脳オルガノイドの解析にベリタス取扱製品を使用 研究者の声【11】

技術資料

よくある質問

STEMdiff Neuralはガラス底で使用できますか?

本製品のガラス底96ウェルプレートでの使用につきまして、STEMCELL Technologies社では評価しておりませんが、poly-L-ornithine (for neurons) およびMatrigel hESC-qualified Matrix (for astrocytes)でプレートをコーティングできれば、お試しいただけると考えております。
ガラス面への細胞接着が上手くいくかどうかは、ガラスの種類、ラミニンの濃度、poly-L-ornithineを希釈するバッファーなど、いくつかの因子に依存します。
STEMCELL Technologies社のプロトコールを元に、ガラスに最適な条件をまずはご検討ください。

開く閉じる
STEMdiff APEL2 MediumでヒトiPS細胞から血球分化する際に、PFHMの添加が必要ですか?

ヒトiPS細胞からの血球分化の際には5% PFHM (Gibco® PFHM-II, Thermo Fisher Catalog #12040077)の添加が必要な可能性が高いです。
ただし、予め条件検討をお願いいたします。
添加する場合は5 mLのPFHMを100 mLのAPEL2に加えてください。

※ ヒトiPS細胞から造血前駆細胞へ分化させる培地「STEMdiff Hematopoietic Progenitor」(製品コード:ST-05310)もございますのであわせてご検討ください。

開く閉じる

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。