無料サンプル募集

2019/04/03

全血からわずか15分でPBMCを調製「SepMate」サンプル無償提供中!!

実施日程:2019.04.01~2020.03.31

ヒト全血から末梢血単核球(PBMC)をわずか15分で回収可能な特殊チューブ「SepMate™-50」または「SepMate™-15」を初めて使ってみたい方のために、サンプルを無償で提供しております。

※ フリーサンプルの梱包単位は、同一サイズ2本です。
※ フリーサンプルは、1研究室あたり1点とさせていただきます。
※ 後日、弊社よりサンプルの評価結果を伺います。

SepMateの特長

末梢血からLymphoprep(またはFicoll)による比重遠心で単核球を分離する際、通常のチューブの代わりに「SepMate」を使用すると、単核球の回収がデカンテーションだけの非常に簡便かつ短時間な操作で終了します。適切な比重液さえ使用すれば、ヒト以外の動物にも適用可能。細胞分離前のサンプル調製などに最適です。

さらに、比重遠心による細胞分離試薬「RosetteSep」と組み合わせて使用すれば、比重遠心後にデカンテーションするだけでT細胞やB細胞など目的の細胞集団を約25分で簡便に回収できます。

SepMateには2種類のサイズがあり、SepMate-50は4 - 17 mLの全血、SepMate-15は0.5 - 5 mLの全血からの末梢血単核球の回収にご利用になれます。

SepMateの特長

  • 比重液に血液を重層する操作が簡便
    Lymphoprep(またはFicoll)の液面を気にせず血液を重層可能
  • 遠心時にブレーキOFFの必要なし
    遠心操作の時間を大幅に短縮
  • 遠心後はデカンテーションでだけ末梢血単核球(PBMC)を回収
    ピペットで末梢血単核球を「注意深く回収する」操作は不要
  • cGMP準拠品
SepMate_Image.jpg

 

SepMate 製品紹介動画

How to Use SepMate to Isolate PBMCs from Whole Blood in Just 15 Minutes

(所要時間 1:46)

このサンプルに関する関連情報

このサンプルの製品詳細

記事に関するお問い合わせ