HOME > 新製品 > 神経細胞を生きたまま標識できる蛍光プローブ NeuroFluor NeuO / NeuroFluor CDr3

神経細胞を生きたまま標識できる蛍光プローブ NeuroFluor NeuO / NeuroFluor CDr3

[ 2017-07-13 ]

【NEW】NeuroFluor NeuO (商品コード:ST-01801):

マウス・ラット・ヒトのプライマリーニューロン、および多能性幹細胞(hPSC)由来のニューロンを固定処理せずに生きたまま標識可能な膜透過性蛍光プローブです(Ex 468 nm、Em 557 nm)。標識した細胞は、蛍光イメージングで観察できます。NeuroFluor NeuOは無毒で、除去可能です。蛍光プローブを除去した生細胞は、下流アプリケーションに使用することが可能です。

 

なぜNeuroFluor NeuOが選ばれるか?

  • No Fixation: マウス・ラット・ヒト神経細胞を固定せずに生きたまま標識
  • Non-permanent: 細胞毒性がなく、除去可能
  • Versatile: ヒト多能性幹細胞由来神経細胞の分化確認に使用可能
  • Functional: 培養細胞にも生きたまま標識可能
  • Convenient: 簡便なプロトコルを提供

 

図1. NeuroFluor NeuOで染色したヒトiPS由来ニューロン 

(A)ヒトiPS由来神経前駆細胞(XCL-1)をSTEMdiff Neuron Maturation Mediumで18日間培養しNeuroFluor NeuO(緑色)で染色した。核はDAPI染色。(B)同サンプルを固定してβ-tubulin III(赤色)で染色した。いずれも倍率は20X。

 

NeuroFluor NeuOのアプリケーション 

  • hPSC由来神経細胞を固定せずに生きたまま標識
  • NeuOの静脈内注射によるマウス脳の組織切片の標識
  • 電気生理学実験のための神経細胞体位置の確認
  • FACSを用いて、齧歯類の脳組織から生きたニューロンの単離

 

図2. NeuroFluor NeuOの蛍光特性
(Ex 468 nm、Em 557 nm)

 

NeuroFluor CDr3 (商品コード:ST-01800):

プライマリーおよび多能性幹細胞から誘導された神経前駆細胞を固定処理せずに生きたまま標識可能な膜透過性蛍光プローブです。マウス・ラット・ヒトの Fatty Acid Binding Protein 7 (FABP7) に特異的に結合します(Ex 579 nm、Em 604 nm)。ラベルした細胞は、蛍光イメージング・フローサイトメトリーでの定量解析・FACSでの分離に使用可能です。NeuroFluor CDr3蛍光プローブは、無毒で除去できます。ヒト多能性幹細胞から神経誘導への確認ができます。簡便なプロトコルを提供します。

 

 

神経分化の各段階でのNeuroFluor NeuO と NeuroFluor CDr3の使い分け

神経細胞 標識

 

 

【関連リンク】

 

【関連資料】

 

【文献】 

  • Er J et al. (2015) NeuO: A fluorescent chemical probe for live neuron labeling. Angewandte Chemie 54(8): 2442–6.
  • Leong C et al. (2013) Neural stem cell isolation from the whole mouse brain using the novel FABP7-binding fluorescent dye, CDr3. StemCell Res 11(3): 1314–1322.
  • Yun S-W et al. (2012) Neural stem cell specific fluorescent chemical probe binding to FABP7. Proc Natl Acad Sci 109(26): 10214–10217.

 

【製品リスト】 

商品コード 商品名 梱包単位
ST-01801 NeuroFluor NeuO 0.1 mL
ST-01800 NeuroFluor CDr3 0.5 mL

 

【関連製品】