STEMCELL Technologies STEMdiff STEMdiff Intestinal Organoid Kit

  • 研究用

STEMdiff™ Intestinal Organoid Kit(ST-05140)は、シンプルな3段階のプロトコールで、ヒト多能性幹細胞(hPSC)由来の腸管オルガノイドを強力かつ効率的に生成できる無血清培地システムです。hPSCはこのキットにより、胚体内胚葉、中/後腸スフェロイド、腸管オルガノイド生成を通じて分化誘導されます。腸管オルガノイドは、継代培養か凍結保存により長期間維持することができます。腸管オルガノイドは、発生中の腸上皮とそれに付随した間充織を模倣する細胞組成と組織化を示し、発生中の腸と直接関連性がある便利なモデルとなります。STEMdiff™ Intestinal Organoid KitはSpence et al. (Nature 2011)が報告した組成に基づいており、複数のhPSC株にわたってオルガノイド形成・増殖の効率と再現性を高めるよう最適化されました。ヒト腸管オルガノイドは、腸の発生と細胞生物学、炎症、再生、微生物相互作用、疾患モデル化、創薬、および化合物スクリーニングを研究するためのモデル系として使用できます。このキットは、mTeSR™1で維持された細胞の分化に最適化されています。 さらなる長期培養および継代には、オルガノイド維持に必要なキット構成要素をSTEMdiff™ Intestinal Organoid Growth Medium(ST-05145)として購入可能です。

2018/05/14 12:00の製品情報

ベリタス会員になると製品スペックを会員ページに登録(チェックリスト)が可能になり、販売価格を見ることができます。

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

STEMdiff Intestinal Organoid Kit (製品コード:ST-05140) は、ヒトES/iPS細胞由来腸管(小腸)オルガノイドを形成するための無血清培地です。シンプルな3段階プロセスのプロトコールから構成されています。本キットでヒトES/iPS細胞から胚体内胚葉(definitive endoderm)および中/後腸(mid-/hindgut)スフェロイドを誘導します。そこから得られた腸管オルガノイドは、継代による長期培養および凍結保存が可能です。腸管オルガノイドは、発達中の腸管上皮および間葉系をモデル化する細胞および組織構成・形態を示し、発生中の腸を再現するモデルシステムとなります。
本キットは、Spenceらの論文(Nature 2011)に基づいて、オルガノイドの形成効率と再現性を高めるように改良・最適化されています。ヒトES/iPS細胞株を問わず利用可能で、mTeSR1で維持されている細胞の分化に最適化されています。

STEMdiff Intestinal Organoid Growth Medium(製品コード:ST-05145)は、ヒトES/iPS細胞由来腸管オルガノイドの維持するための無血清培地です。

特長

  • RELEVANT:小腸腸管上皮および関連間葉系の発達を再現可能なモデルシステム
  • ROBUST:ヒトES/iPS細胞から腸管オルガノイドへ効率的な分化をサポート
  • CONVENIENT:継代・凍結保存することで長期維持可能の便利なモデルシステム
  • SERUM-FREE:最適化された高い再現性を示す無血清培養系

アプリケーション

  • 腸管幹細胞研究
  • 腸の発達・細胞生物学研究
  • 腸管上皮細胞再生
  • 腸内細菌の相互作用
  • 腸疾患モデリング
  • 遺伝子治療のための基礎研究
  • 創薬スクリーニング

技術資料

製品関連文献

よくある質問

STEMdiff Neuralはガラス底で使用できますか?

本製品のガラス底96ウェルプレートでの使用につきまして、STEMCELL Technologies社では評価しておりませんが、poly-L-ornithine (for neurons) およびMatrigel hESC-qualified Matrix (for astrocytes)でプレートをコーティングできれば、お試しいただけるだろうとのことです。
ガラス面への細胞接着が上手くいくかどうかは、ガラスの種類、ラミニンの濃度、poly-L-ornithineを希釈するバッファーなど、いくつかの因子に依存します。
STEMCELL Technologies社のプロトコールを元に、ガラスに最適な条件をご検討ください。

開く閉じる
STEMdiff APEL2 MediumでヒトiPS細胞から血球分化する際に、PFHMの添加が必要ですか?

ヒトiPS細胞からの血球分化の際には5% PFHM (Gibco® PFHM-II, Thermo Fisher Catalog #12040077)の添加が必要な可能性が高いです。
ただし、予めの条件検討をお願いいたします。
添加する場合は5 mLのPFHMを100 mLのAPEL2に加えてください。

※ ヒトiPS細胞から造血前駆細胞へ分化させる培地「STEMdiff Hematopoietic Progenitor」(製品コード:ST-05310)もございます。

開く閉じる

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。