FAQ

  • タンパク・遺伝子発現解析

  • Dynabeadsに抗体を架橋してから免疫沈降を行ったところ、ゲルでタンパク質のバンドが見えなくなりました。どのような事が考えられますか?
  • 抗体の結合部位が架橋で変わってしまったかもしれません。



    • この場合、抗体はターゲット抗原に親和性が低くなるか、全く示さなくなります。

    • これは架橋を行う際のリスクとして常にございますが、共有結合による抗体カップリングという別の方法を選ぶことで容易に回避できる可能性がございます。

    • 他の架橋の影響としては、意図しない(非特異)ターゲットへの親和性が高まる可能性もあります。


    Dynabeads Antibody Couplingキットをお試しください



    • このキットはDynabeadsへの共有結合による抗体カップリングが可能な優れたソリューションです(Dynabeads Protein GまたはAへの架橋と比較した場合)。

    • 抗体カップリングキットはどんな抗体にも対応しています。

    • カップリングキットは共有結合によるDynabeadsへの抗体カップリングのために作られています。

    • 架橋と異なり、Dynabeads Antibody Couplingキットは抗体の特異性や親和性を変えません。


このFAQの関連製品

資料に関するお問い合わせ