STEMCELL Technologies ALDEFLUOR ALDEFLUOR™ Kit

  • 研究用

ALDEFLUOR™試薬システムは、アルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)活性に基づいて幹細胞/前駆細胞を同定するための非免疫学的方法です。造血、乳腺、内皮、間葉、神経などのさまざまな系列の正常細胞およびがん前駆細胞で高いALDH発現が報告されています。高レベルのALDHを発現している細胞は、明るく蛍光を発し(ALDHbr)、標準的なフローサイトメーターを使用して同定および計数することができます。あるいは、さらなる精製および特徴付けのためにセルソーターで分離することができます。 幹細胞および前駆細胞を同定、分離するために細胞内部の酵素を使用することで、細胞表面抗原に対する抗体で染色する従来法の代替となります。

2018/05/14 12:00の製品情報

ベリタス会員になると製品スペックを会員ページに登録(チェックリスト)が可能になり、販売価格を見ることができます。

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

Identification of ALDHbr cells from mouse embryonic brain samples

Figure 1. Identification of ALDHbr Cells from Mouse Embryonic Brain Samples

E14 SVZ cells stained with ALDEFLUOR™. FACS profiles of DEAB control (A) and ALDH staining (B).

Identification of ALDHbr SSC LO cells from human hematopoietic samples

Figure 2. Identification of ALDHbr SSC LO Cells from Human Hematopoietic Samples

Bone marrow low density cells (A-B), peripheral blood mononuclear cells (C, D) and umbilical cord blood cells (E, F) stained with ALDEFLUOR™. FACS profiles of DEAB control (A, C, E) and ALDH staining (B, D, F).

Identification of ALDHbr cells from human breast cancer cell lines

Figure 3. Identification of ALDHbr Cells from Human Breast Cancer Cell Lines

SKBR3 breast cancer cells stained with ALDEFLUOR™ for 45 minutes. FACS profiles of DEAB control (A) and ALDH staining (B).

Identification of ALDHbr Cells from human mammary epithelial samples

Figure 4. Identification of ALDHbr Cells from Human Mammary Epithelial Samples

Primary normal human mammary epithelial samples stained with ALDEFLUOR™. FACS profiles of DEAB control (A) and ALDH staining (B).

関連リンク

マウスモデルによる造血器腫瘍や造血幹細胞分化の研究にベリタス取扱製品を使用 研究者の声【5】

造血幹細胞、間葉系幹細胞に関する研究でベリタス製品を使用(StemSpan、Dynabeadsなど)

StemSpanアプリケーション:白血病(CML)造血幹細胞の効率的な増殖

EasySepを用いた骨髄異形成症候群の研究CD34陽性細胞における遺伝子発現解析 研究者の声【2】

Laminin(ラミニン)マトリックス:がん幹細胞の培養に役立つ情報

神経細胞を生きたまま標識できる蛍光プローブ NeuroFluor NeuO / NeuroFluor CDr3

脳腫瘍幹細胞の培養技術紹介

乳がん研究 eラーニング

技術資料

製品関連文献

よくある質問

ALDEFLUORで分離した幹細胞でGFPの発現を解析したいのですが、ALDEFLUORの蛍光による干渉が心配です。ALDEFLUORの蛍光は細胞内にどの程度残るのでしょうか。

通常ALDEFLUORアッセイの蛍光は細胞外に排出される傾向にありますが、それをALDEFLUOR専用のバッファーと低温で抑えています。従って、バッファーの置換を行い、温度を上昇させることで蛍光の排出を促すことが可能です。ALDEFLUORの蛍光を完全排出させるには、以下の2通りの方法をおすすめしています。

・細胞を液体完全培地中で37℃、24時間インキュベートする。

・細胞を液体完全培地中で37℃、2.5時間インキュベートした後、大量の新しい培地で1回洗う。新しい培地に懸濁し、37℃、1時間さらにインキュベートする。細胞の一部を取り、蛍光が消えているかどうか確認する。もし蛍光が消えていたら、念のため大量の新しい培地で2回洗う。まだ蛍光が残っていたら、インキュベート時間を延長する。

開く閉じる
ALDEFLUORおよびALDEFLOUR Assay BufferにABCトランスポーターインヒビターが含まれているとの事ですが、どんな物質が含まれているか教えてください。

申し訳ありませんがABCトランスポーターインヒビターを含むバッファー組成の詳細は、メーカー非公表のためお教えできません。

開く閉じる
ALDEFLUORアッセイを行う際、室温(15 - 25°C)での染色反応はできますか?

はい、可能です。染色時間は室温に依存しますが、反応の完了までおよそ2 - 4時間かかります。

開く閉じる

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。