Thermo Fisher(Dynabeads) Dynabeads T-Activator Dynabeads Human T-ActivatorCD3_CD28

  • 研究用

表面に抗CD3および抗CD28モノクローナル抗体を結合した、ヒトT細胞増殖刺激用ビーズです。
CD4+/CD28+クローンやCD8+/CD28+クローンを抗原提示細胞等を使用せずに簡単に再刺激して増殖させます。
T細胞の刺激に用いたビーズは磁石で簡単に除去できます。

2018/05/14 12:00の製品情報

ベリタス会員になると製品スペックを会員ページに登録(チェックリスト)が可能になり、販売価格を見ることができます。

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

T-cell_expansion_fig.jpg

表面に抗CD3抗体および抗CD28抗体を共有結合させた磁気ビーズ(Dynabeads)が、TCR/CD3とCD28への共刺激シグナルを送ります。

刺激もしくは増幅後、ピペッティングによってビーズを簡単に細胞から外せます。ビーズは磁石で簡単に除去できるので、ビーズも抗体もついていない、機能特性を維持したT細胞を得ることができ、細胞は再刺激することも可能で、生体内の刺激条件に近い方法です。

繰り返し刺激を加えたCD4+クローンは抗原特異性を、CD8+クローンは細胞障害性を保持します。

最新のテクノロジーによる重要なアドバンテージをそなえています。

  • コントロール: 刺激の期間や強さを簡単に調節可能です
  • 効率と使用の簡便さ: 抗体をプレートにコートする固相化法と比べても手間がかからず、細胞との接触効率が大幅に改善されるため効率的な活性化が行えます。フィーダー細胞を使用せずに簡単に14日間で最大3,000倍もの増幅が可能です(細胞によって異なります)
  • 信頼性: 従来法(PHAなどのマイトジェン、ConA、可溶化抗体)に比べ生理的条件に近いため、高い再現性と信頼性が得られます
  • 対象となる細胞: ナイーブT細胞、メモリーT細胞、T細胞クローン、制御性T細胞、NKT細胞、CTL

技術資料

製品関連文献

よくある質問(1件)

Dynabeads Human T-Activator CD3/CD28は、カニクイザルに使用可能ですか?

CD3とCD28の抗体クローンについて交差反応性がすでに報告されているサルは、 CD3: baboons,macaques and Rhesus Monkeys、 CD28:Chimpanzee, macaque and Rhesus 抗体の交差反応性についての情報なのでExpansionの結果を保証するものではございません。 メーカーでは、サルについて実際に使用できるかどうかという情報を持っておりません。

開く閉じる

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。