STEMCELL Technologies mTeSR Gentle Cell Dissociation Reagent

  • 研究用

Gentle Cell Dissociation Reagent(GCDR)は、ヒトES/iPS細胞を定期的継代の際に細胞塊へと解離したり、シングルセル懸濁液へと解離するのに適した酵素フリー試薬です。 GCDRは、腸オルガノイドを確立するための腸クリプトの単離や、オルガノイドを継代する際のCorning®Matrigel®ドームの分解にも適しています。GCDRは酵素やタンパク質を含んでいません。 GCDRは、個別またはVitronectin XF™、CellAdhere™ Dilution Buffer、Non Tissue Culture-Treated 6-Well Platesとのキット(ST-07190)として購入可能です。

2018/05/14 12:00の製品情報

ベリタス会員になると製品スペックを会員ページに登録(チェックリスト)が可能になり、販売価格を見ることができます。

本製品は研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

製品の特長

特長

  • 酵素フリー、Chemically Definedの組成
  • 細胞に対して穏やかに作用
  • ヒトES/iPS細胞を増殖速度を高く維持
  • 簡便、室温操作のプロトコール

Gentle Cell Dissociation Reagent (GCDR)を用いた、ヒトES/iPS細胞継代のポイント

  • インキュベーション時間: 維持培地がmTeSR1またはTeSR2で、基質がMatrigelの場合、GCDRでのインキュベーションは室温で6-8分行ってください。その他の培地や基質の場合、最適なインキュベーション時間は異なるため予め条件検討が必要になります。
  • シングルセルで継代される場合、GCDRでのインキュベーションは37℃で8-10分行ってください。シングルセル懸濁液にはROCK inhibitor (Y27632)の添加をおすすめします。
  • いったん細胞塊が適切なサイズに断片化したら、GCDRを遠心で除去する必要はありません。適切な基質でコーティングしたプレートに、断片をすぐに再播種してください。
  • 最初の数回の継代においては、最適な播種密度を決定するために、いくつかのsplit ratioを試してください。

  詳細なプロトコールとデータはこちら>>

関連リンク

「mTeSR Plus」新発売:培地交換週2回で高品質なES/iPS細胞を!

「mTeSR1」フィーダー細胞が不要なヒトES/iPS細胞維持用 無血清培地 ヒトES/iPS細胞からの分化 研究用培地(STEMCELL Technologies社)

ヒトES/iPS細胞からの分化 研究用培地(STEMCELL Technologies社)

腸管・大脳・肝臓・膵臓・肺・腎臓オルガノイド研究用培地(STEMCELL Technologies社)

製品関連文献

関連製品

製品についてのお問い合わせ

掲載製品の技術情報、在庫や価格など、各窓口にお気軽にご相談ください。

法規制アイコン
毒 毒物及び劇物取締法の「毒物」(法第2条別表第1)を含む製品です。
劇 毒物及び劇物取締法の「劇物」(法第2条別表第2)を含む製品です。
カ 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象となる製品です。 ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。
労 労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」(法第57条)、あるいは「名称等を通知すべき危険物及び有害物」(法第57条第2項)を含む製品です。
向 麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬向精神薬原料」(法第2条の7、別表第4)を含む製品です。