無料サンプル募集

2019/01/08

ヒトES/iPSの核型異常スクリーニング「hPSC Genetic Analysis Kit」サンプル限定5個!

実施日程:2018.12.10~2019.01.31

1研究室あたり1キットのご提供とさせていただきます。
対象は、2019年1月末までにご評価いただける方に限定しております。
2019年1月末を目途に、弊社よりご評価結果をお伺いいたしますのでご了承ください。

hPSC培養システムにおける変異の可能性

hPSC品質の考え方 - あなたの細胞は正常or異常?

1060_GenericAnalysis_1.jpg

hPSC全体のワークフローを通した遺伝子的変異の可能性

リプログラミング Reprogramming

iPSCの選択やウイルスベクターによる導入時に挿入変異を誘発する可能性があるため、新たに樹立したヒトiPSC系は核型スクリーニングが必要となります。

維持 Maintenance

ルーチンの維持・継代培養(凍結/解凍も含む)でも、遺伝的異常を引き起こす可能性があります。
遺伝的異常を引き起こした場合、hPSCの生存率および増殖率、または下流のアプリケーションに影響する可能性があります。

ゲノム編集 Genome Editing

ゲノム編集ワークフローには、遺伝的異常のクローン選択の機会を増やすいくつかのステップが含まれています。
例:トランスフェクション、シングルセルプレート、ゲノム編集のオフターゲット効果など

分化 Directed Differentiation

分化は潜在的に選択(selection)プロセスに関与する可能性があります。
遺伝的異常は、幹細胞の分化能に影響を及ぼし、および/または細胞を特定の細胞系統(lineage)に偏向させる可能性があります。

 

細胞品質のチェックツール

最も迅速で費用対効果の高いhPSC核型異常検出キット

ヒト多能性幹細胞の核型異常検出用qPCR解析キット

hPSC Genetic Analysis Kit(製品コード:ST-07550)

  • 従来法よりコストが劇的に削減
  • 細胞を回収してから結果が得られるまで、わずか3時間以内

hPSC Genetic Analysis Kitのワークフロー

1060_GenericAnalysis_2.jpg

hPSC Genetic Analysis Kitを選ぶべき理由

  • 簡便:プライマー/プローブミックスを含むAll-in-oneキット
  • 複数のヒト多能性幹細胞株の遺伝子スクリーニングが可能
  • 高精度:Gバンド染色で検出不可能な異常を検出可能

記事に関するお問い合わせ