カタログとして印刷するにはこちら

バイオテクノロジー分野のマーケティング&コーディネイション

VERITAS CORPORATION  Sumitomo Higashi-Shinbashi Bldg. No.3, 5th Floor,
1-10-14 Hamamatsucho, Minato-ku, Tokyo 105-0013, Japan

TEL:03-5776-0078  FAX:03-5776-0076  E-mail:techservice@veritastk.co.jp

www.veritastk.co.jp

表面活性化 Dynabeads

結合したい抗体、抗原タンパク、レクチンなど種々のものを化学結合あるいは物理吸着でビーズ表面に結合するビーズ類です。*

* IgG クラスの一次抗体を直接結合して細胞分離を行うことも可能ですが、細胞分離用には二次抗体あるいはストレプトアビジンなどのスペーサーを挟むことにより、立体障害を受けにくく、より分離効率が上がることが考えられます。

● 粒径
4.5 μm (M-450)、2.8 μm (M-280 とM-270) と1 μm (MyOne) があります。
M-280とM-270 は細胞分離、核酸、タンパク質の分離に適しております。
MyOne は分散性が高く、核酸、タンパク質の分離に適しております。

● 親水性表面 及び 疎水性表面
ダイナビーズには親水性表面と疎水性表面を持ったビーズがあります。親水性ビーズはリガンドをビーズ表面に穏やかに結合させます。非特異的結合が低く、多くの場合ブロッキングを必要としません。疎水性ビーズは抗体の固定化に適しています。抗体のFc 部位は疎水性のためビーズ表面に吸着され、速やかに共有結合を形成します。

○ 表面活性化ビーズの製品選択ガイドはこちら

○ Dynabeads Protein A / Protein Gを用いた高純度免疫沈降法についてはこちら

製品特性

画像を大きく見たい方はこちらをクリックして下さい。

アプリケーションに応じた表面活性化ダイナビーズの選択

図を拡大

関連製品

Dynabeads用磁石

磁性ビーズ用 分子接着剤 Mix&Go

英語マニュアル

表面活性化ビーズ製品選択ガイド

よくある質問

Dynabeadsでよくある質問

サイエンスレター

Dynabeads を用いた弱活性レクチンの単離

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
DB14013 Dynabeads M-450 Tosylactivated 5mL 冷蔵(2-8℃)  
DB14203 Dynabeads M-280 Tosylactivated 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB14204 Dynabeads M-280 Tosylactivated 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB14301 Dynabeads M-270 Epoxy 60mg 冷蔵(2-8℃)  
DB14302 Dynabeads M-270 Epoxy 300mg 冷蔵(2-8℃)  
DB14305 Dynabeads M-270 Carboxylic Acid 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB14306 Dynabeads M-270 Carboxylic Acid 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB14307 Dynabeads M270 Amine 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB14308 Dynabeads M270 Amine 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65011 Dynabeads MyOne Carboxylic acid 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65012 Dynabeads MyOne Carboxylic acid 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65501 Dynabeads MyOne Tosylactivated 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65502 Dynabeads MyOne Tosylactivated 10mL 冷蔵(2-8℃)  

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078