カタログとして印刷するにはこちら

バイオテクノロジー分野のマーケティング&コーディネイション

VERITAS CORPORATION  Sumitomo Higashi-Shinbashi Bldg. No.3, 5th Floor,
1-10-14 Hamamatsucho, Minato-ku, Tokyo 105-0013, Japan

TEL:03-5776-0078  FAX:03-5776-0076  E-mail:techservice@veritastk.co.jp

www.veritastk.co.jp

免疫沈降用 Dynabeads Protein A / Protein G

プロテインA 及びプロテインGとは、それぞれStaphylococcus aureus (黄色ブドウ状球菌)及びG グループのStreptococci (連鎖状球菌、ストレプトコッカス)の細胞壁成分です。これらのタンパク質は、大抵のほ乳類のイムノグロブリンと結合する能力を持っています。結合は主としてFc 部位を通して起こります。
Dynabeads Protein A 及びDynabeads Protein G は、プロテインA 及びプロテインG を共有結合で固定化した単一サイズの磁性ビーズ(粒径2.8 μm)です。これらの製品に利用された組み換えプロテインA 及びプロテインG は、夾雑タンパク質の共精製を防ぐためアルブミン結合部位を含みません。
Dynabeads Protein A 及びDynabeads Protein G は唾液、腹水、血清及び組織培養液または、ハイブリドーマの上清等のサンプルから直接抗体をワンステップで精製するための確かなツールです。時間のかかるサンプルの前処理及び遠心分離等の工程が不要で、抗体の精製プロセスを迅速かつ簡単なものにします。
また磁気分離法は穏やかな方法で、貴重なタンパク質に最低限の物理ストレスしか与えません。精製の結果、高純度の抗体または免疫沈澱タンパク質が得られます。

【Dynabeads Protein A/G 動画マニュアル】 NEW!
- How to use Dynabeads for immunoprecipitation -



【Dynabeadsなら30分で免疫沈降可能!】



【サンプルロスや洗浄効率の心配無用!】

セファロースによる免疫沈降は、洗浄の度にサンプルをロスする恐れがありました。
Dynabeadsは壁面にビーズを集めるシステムなので、サンプルのロスがなく洗浄もきれいに行えます。

■ Dynabeads Protein A ■
粒径2.8 μmの均一な超常磁性高分子ポリマー製ビーズの表面に分子量約45 kDaの組み換えプロテインAを結合したビーズです。腹水、血清や組織培養浮遊物など種々のサンプルからのイムノグロブリンの分離あるいは、目的蛋白の免疫沈降等に適しています。
ビーズ1 mL 当たり約240 μg のヒト IgG と結合します。


■ Dynabeads Protein G ■
粒径2.8 μm の均一な超常磁性高分子ポリマー製ビーズ表面にアルブミン結合部位を除き、Ig 結合部位だけを残した、分子量約45 kDa の組み換えプロテインG を共有結合したビーズです。ヒト、マウス、ラット等多くの哺乳類のIg に主にFc領域を介して結合します。
ビーズ1 mL あたり240 μgのヒトIgG に結合します。


■ IP Kit for Dynabeads Protein A, Protein G ■
 Dynabeads Protein AもしくはProtein G (2 mL) と免疫沈降 (IP) 用の各種バッファーがセットになっています。面倒なバッファー調製は必要ありません。
≪梱包内容≫
 ・ Dynabeads Protein A または Protein G (2 mL): ビーズ濃度 30 mg/mL
 ・ Ab Binding & Washing Buffer (16 mL)
 ・ Washing Buffer (28 mL)
 ・ Elution Buffer (1 mL)


■EPIGENOMEで紹介されているDynabeadsを使用したクロマチン免疫沈降 (ChIP) のプロトコル例 ■
● Chromatin immunoprecipitation protocol for Saccharomyces cerevisiae
● Methylated DNA Immunoprecipitation (MeDIP)


■ 免疫沈降特集 ■
Dynabeadsを用いた高純度免疫沈降法

免疫沈降ワークフロー

Dynabeads Protein A および Dynabeads Protein G による抗体の精製及び免疫沈降のワークフローです。トータル30分で免疫沈降ができます。

Dynabeads Protein A / G 製品選択マトリックス

プロテインA 及びプロテインG の種々の種からの免疫グロブリンに対する結合強度です。

関連製品

Dynabeads用磁石

タンパク精製用二次抗体結合ビーズ

製品資料

Dynabeadsのセファロースに対するメリット.pdf

サイエンスレター

Dynabeadsによる迅速で再現性の高い免疫沈降【PDF 720KB】

よくある質問

Dynabeadsでよくある質問

技術資料

Dynabeadsで純度および再現性の高い免疫沈降(IP)が40分で可能に!

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
DB10001 Dynabeads Protein A 1mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10002 Dynabeads Protein A 5mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10003 Dynabeads Protein G 1mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10004 Dynabeads Protein G 5mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10006 Dynabeads Protein A Immunoprecipitation Kit 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10007 Dynabeads Protein G Immunoprecipitation Kit 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10008 Dynabeads Protein A 50mL 冷蔵(2-8℃)  
DB10009 Dynabeads Protein G 50mL 冷蔵(2-8℃)  

Reference List

■Protein A■
・ A.Tejeda-Mansir, R. Espinoza, R.M. Montesinos, R. Guzman. Bioprocess Engineering 1997;17, 39-44
・ Surolia, D. Pain and M Islam Khan. TIBS Feb 1982, 74-76
・ C Huang, ME Handlogten and RT Miller. J of Biological Chemistry 2002, in press (M200831200)
・ AV Popov et al. EMBO J. 2001, 20(3), 397-410
・ PP Budde, A Kumagai, WG Dunphy and R Heald. J of Cell Biology 2001, 153(1), 149-158

■Protein G■
・ Akerstrom B and Bjorck L. Journal of Biological Chemistry 1986;261 (22): 10240-47
・ Protein G (Data file 18-1012-9AB, 2002-10) Amersham Biosciences
・ Tejeda-Mansir A, Espinoza R, Montesinos RM and Guzman R. Bioprocess Engineering 1997;17,39-44
・ Bollag DM, Rozycki MD and Edelstein SJ. Protein Methods (2.ed), Wiley-Liss publication. New York (1996)
・ Cochet O, Teillaud J-L, Sautes C (eds). Immunological Techniques Made Easy, John Wiley & Sons. Chichester (1998). Additional references where this product has been used
・ Stuermer CA et al. (2001) Glycosylphosphatidyl inositolanchored proteins and fyn kinase assemble in noncaveolar plasma membrane microdomains defined by reggie-1 and -2. Mol Biol Cell. Oct;12(10): 3031-45
・ Harsay E and Schekman R. (2002) A subset of yeast vacuolar protein sorting mutants is blocked in one branch of the exocytic pathway. Journal of Cell Biology 156 (2):271-285
・ Li F, Macfarlan T, Pittman RN and Chakravarti D. (2002) Ataxin-3 is a histonebinding protein with two independent transcriptional corepressor activities. J Biol Chem. Nov 22;277(47):45004-12 (Epub 2002 Sep 23)
・ Koizume S et al. (2002) Heterogeneity in the modification and involvement of chromatin components of the CpG island of the silenced human CDH1 gene in cancer cells. Nucleic Acids Res. Nov 1;30(21):4770-80
・ Fukuma M et al. (2003) Upregulation of Id2, an oncogenic helix-loop-helix protein, is mediated by the chimeric EWS/ets protein in Ewing sarcoma. Oncogene. Jan 9;22(1):1-9

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078