注目の製品

    検索結果:124件(41~60件)
  • [ 2013.08.14 ]

    HIV研究のための細胞分離アプリケーション

    Ex Vivoモデルを使う事でHIV研究が効率よく進められます ---   近年、新鮮な血液からバイアビリティーの高い免疫細胞を分離する細胞分離技術を利用した新しい試験モデルやアッセイ系が開発された事により、H…

  • [ 2013.07.31 ]

    多能性幹細胞研究に役立つ製品ラインアップ!

      ES・iPS細胞研究用製品   多能性幹細胞研究の様々な場面でご利用いただける製品を多数ラインアップしています。 リプログラミング、維持、EB形成、分化の各過程に最適な製品をご紹介します。 &nbs…

  • [ 2013.07.26 ]

    最大96検体!!ハイスループットな細胞分離が最短15分で完了

    Rapid sphereを使用した次世代のEasySepマウス細胞分離システムは最短15分で全ての細胞分離操作を終える事が可能です。 さらに96ウェルプレートに対応した磁石「EasyPlate EasySep Magnet」を組み合わせる事でハイ…

  • [ 2013.07.26 ]

    細胞分離システム「EasySep」に最適化!細胞解析用抗体のご案内

    細胞分離システム「EasySep」との組み合わせに最適化された標識抗体が、STEMCELL Technologies社より発売中!!       製品ラインナップ EasySepに最適化された抗体の製品ラインナップはこち…

  • [ 2013.07.25 ]

    長期間のプライマリーニューロン培養用無血清サプリメント「NeuroCult SM1」

    マウス・ラットのプライマリーニューロンを長期間培養するための無血清培養キット NeuroCult SM1 Neuronal Culture kit NeuroCult SM1 Neuronal Culture kitはマウスおよびラットのプライマリーニューロ…

  • [ 2013.07.04 ]

    脳腫瘍幹細胞の培養技術紹介

    多能性の神経幹細胞様細胞や脳腫瘍幹細胞などのがん幹細胞が、グリオーマや髄芽腫を含む様々な中枢神経がんから単離されています。神経幹細胞に似たこれらの脳腫瘍幹細胞は自己複製し、高い増殖能やin vitroでの多…

  • [ 2013.06.07 ]

    25分以内にヒト細胞を単離可能。「EasySep」磁気細胞分離システム

      EasySep細胞分離試薬を用いれば、ヒト末梢血由来の単核球サンプルから25分という短時間で高純度且つUntouchedな種々の細胞をネガティブ分離することが可能です。従来のカラムを用いた免疫磁気ビーズ法で1時…

  • [ 2013.03.26 ]

    ヒト血液細胞のバイブル!スマホ・iPad版「Cell Frequency」アプリ登場

    STEMCELL Technologies社が提供する、ヒト血液細胞のためのアプリ「Cell Frequency」が無料でダウンロードできます。   アプリの紹介はこちら     アプリで見られるコンテンツ例 …

  • [ 2013.03.01 ]

    ChIP-seqアプリケーションにDynabeadsが紹介されました!

    羊土社が発行する「実験医学2013年3月号」にて、「Close up実験法 - ChIP-seqのためのクロマチン免疫沈降法」のタイトルで、九州大学医学研究院・大川恭行先生らの研究グループにより執筆されました。   &nb…

  • [ 2012.12.12 ]

    ワンラムダ社 マイクロSSPトレーニング用動画DVDを無料配布

    HLAの基礎、マイクロSSPの操作方法から、HLA Fusionでの解析方法までをわかりやすく説明した動画DVDを作成致しました。普段の検査の確認や、トラブルシューティングにご利用下さい。また、これからマイクロSSPを始…

  • [ 2012.11.28 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 9」

    第9号は「QuantiGene Plexによる薬物動態アプリケーション」として、「QuantiGene® テクノロジーによる薬物代謝酵素誘導の網羅的解析」を紹介致します。2012 年に発表された新しいFDA ガイダンスにおいて、遺伝…

  • [ 2012.11.16 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 8」

    第8号は「Dynabeadsを用いたアプリケーション」として、成蹊大学理工学部・戸谷先生らによる「『Mild enrichment procedure』~ Dynabeads を用いた弱活性レクチンの単離~」を紹介致します。糖鎖を結合させた表面…

  • [ 2012.11.09 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 7」

    第7号は「Dynabeadsを用いたアプリケーション」として、東京大学分子細胞生物学研究所・岩崎先生らによる「磁気ビーズによるプルダウンアッセイを利用したタンパク質-RNA 相互作用の解析」を紹介致します。Hsc70/Hs…

  • [ 2012.10.11 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 6」

    第6号では「Dynabeadsを用いたアプリケーション」として、立教大学理学部・後藤先生による、二次抗体結合Dynabeadsを利用したオルガネラの免疫磁気分離のプロトコールと、文献中での活用例-ショウジョウバエ胚ゴル…

  • [ 2012.09.24 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - HLA & Transplantation Vol. 8」

    第8号は、HLA抗体の他に移植腎に対する拒絶反応の要因として関与が示唆されているAT1R(Angiotensin II Type I Receptors)抗体について、One Lambda社の谷口 道子様に執筆頂きました。   ベリタスでは、…

  • [ 2012.09.12 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 5」

    第5号は「QuantiGene テクノロジーによるin situ ハイブリダイゼーション」という題名で、「QuantiGene ViewRNA ISH Tissue Assay」の受託解析を行っている株式会社ジェネティックラボ・齋藤 辰朗様に執筆頂きまし…

  • [ 2012.09.06 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - HLA & Transplantation Vol. 7」

    第7号は「16th International HLA and Immunogenetics Workshop」(2012年5月31日-6月3日、英国・リバプール)に参加された先生方から、レビューの執筆を頂きました。    西村 泰治先生(熊本大学大…

  • [ 2012.08.31 ]

    ヒト末梢血や骨髄、臍帯血などの凍結細胞 動画マニュアルのご紹介

    AllCells社のヒト末梢血や骨髄、臍帯血などの凍結細胞の融解方法が、動画マニュアルにてご覧頂けるようになりました。スマートフォンやタブレット端末の「お気に入り」に登録して、実験前などに操作方法を確認する…

  • [ 2012.07.19 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 4」

    ベリタスでは研究者の皆様に「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research」として技術情報を皆様にお届けしています。第4号では「Dynabeadsを用いたアプリケーション例」として、免疫沈降にDynabeads Protein Gを、…

  • [ 2012.06.15 ]

    「VERITAS SCIENCE LETTER - HLA & Transplantation Vol. 6」

    第6号は、ABO適合肝移植におけるドナー特異的HLA抗体 (DSA) の重要性について述べた論文の要旨を紹介致します。(A. I. Musat, et, al. The Significance of Donor-Specific HLA Antibodies in Rejection and Ductop…

  • 検索結果:124件(41~60件)