HOME > 注目の製品 > ヒト単球から効率的にM1 / M2aマクロファージへ分化 - STEMCELL Technologies

ヒト単球から効率的にM1 / M2aマクロファージへ分化 - STEMCELL Technologies

[ 2017-09-14 ]

自然免疫系に属するマクロファージ(MΦ)は、食作用および分泌した免疫調節性のサイトカインを介して感染または傷害に応答することができます。マクロファージは、“古典的活性化” M1マクロファージ“代替活性化” M2aマクロファージ という2つのフェノタイプに分かれます。免疫調節、組織修復および腫瘍の増殖や転移などの役割を担うため、非常に注目されている細胞です。

STEMCELL Technologies社は、単球の分離からマクロファージの分化・活性化・増殖までサポートする製品を提供しています。

 

 

ヒトマクロファージ研究の基本ワークフローと関連製品 

 

→ 単球分離からM1、M2aマクロファージの活性化まで最短6日で完了
→ 得られたマクロファージは機能的でかつ食作用があり、TNF・IL12 / IL10を産生! 

ヒトマクロファージ 基本ワークフロー

画像を拡大する>>

 

 

 

単球の分離

 

EasySep Human Monocyte Isolation Kit (ST-19359) によるヒト単球分離 

新鮮/凍結保存PBMCあるいはアフェレーシスサンプルから、単球を最短12.5分でネガティブ分離するキットです。また、キット中の Platelet removal cocktailを併用することで、血小板の混入を1/10に減らすことができます。カラムを使用しないため、細胞へのダメージは最小です。

 

EasySepによる単球分離

Fig. 1  EasySep Human Monocyte Isolation Kitによる単球の分離プロトコル

 

単球分離前後での純度比較 Fig. 2  EasySep Human Monocyte Isolation Kitを用いて、ネガティブ分離で回収したヒト末梢血由来単球細胞

※ ヒト全血から単球の分離には、RosetteSep Human Monocyte Cell もご利用になれます。
※ マクロファージへの分化を目的としたヒト単球分離には、ネガティブ分離製品を推奨しています。

 

ページ先頭に戻る

 

 

マクロファージへの分化・活性化

 

マクロファージ分化・活性化培地 ImmunoCult-SF Macrophage Medium (ST-10961)

  • スケジュールに合わせて、6日あるいは8日間のプロトコルを選択可
  • 任意の活性因子(サイトカイン他)を添加してM1またはM2aマクロファージを選択して回収

 

M1/M2aマクロファージ分化への流れ

マクロファージへの分化・活性化

 

ImmunoCult-SF Macrophage Medium の特長:
 
  • 成分が明らか無血清・血清添加不要 
  • 最適化マクロファージの分化および活性化に最適化済 
  • 安定した結果M1またはM2aフェノタイプのマクロファージを高収率で回収 
  • フレキシブルスケジュールにあわせた8日あるいは6日のプロトコルを選択可。任意の活性因子を添加することで、M1またはM2aマクロファージを選択的に回収

 

ページ先頭に戻る

 


ImmunoCult-SF Macrophage Mediumで、高収率で活性化マクロファージを回収
(競合品の約2倍)

 

Fig. 3  ImmunoCult-SF  Macrophage Mediunは競合品に比べ、M1 及び M2a マクロファージの収率が高いです

 

マクロファージ

Fig. 4 ImmunoCultで得られたM1およびM2aマクロファージ

 

ページ先頭に戻る

 

 

ImmunoCult-SF Macrophage Mediumで成熟させたM1/M2aマクロファージの表現型・免疫機能評価 

ImmunoCult-SF Macrophage Mediumで活性化したM1マクロファージはTNFおよびサイトカインIL12を分泌し、 M2aマクロファージはIL10を分泌し、安定した食作用を示します。

 

Fig.5 ImmunoCult-SF Macrophage Mediumで培養し、IFN-γ + LPS(M1)または IL-4(M2a)を添加して活性化させたマクロファージの培養8日目の培養上清をELISAで測定した結果を示したものです(8日間のプロトコルで実施)。(左)M1マクロファージ:2821 ± 396 pg/ml TNF-α(n=24)、656 ± 86 pg/mL IL-12p70 (n=25)。(右)M2aマクロファージ:29 ± 6 pg/mL IL-10 (n= 21)に対し、TNF-αはほとんど分泌されません(TNF-α :below limit of detection, n=20)。Data: mean ± SEM。

 

 

Fig. 6 M1およびM2aマクロファージ食作用を示す。(A)大腸菌を取り込んだM1()、M2aマクロファージ()およびネガティブコントロール(黒)をフローサイトメーターで解析した結果。(B)M1およびM2aマクロファージの食作用の平均値(%)を示す(Mean ± SEM, n=3)。

 

ページ先頭に戻る

 

 

 

関連リンク

 

製品情報

 

フリーサンプル申込

 

ページ先頭に戻る

 

 

製品リスト

商品コード

商品名

梱包単位

ST-10961

ImmunoCult-SF Macrophage Medium

250 mL

ST-19359

EasySep Human Monocyte Isolation kit

1x10^9 cells用

ST-19669

EasySep Direct Human Monocyte Isolation kit

全血100 mL用

ST-15028

RosetteSep-human Monocyte Cell

2 mL (全血40 mL用)

ST-15068

RosetteSep-human Monocyte Cell

10 mL(全血200 mL用)

ST-86415

SepMate-15 100-Pack RUO

100本入

ST-86450

SepMate-50 100-Pack RUO

100本入

 

ページ先頭に戻る