HOME > 学会・展示会 > 第1回 肝移植HLA抗体講演会・第1回 肺移植HLA抗体講演会 報告

第1回 肝移植HLA抗体講演会・第1回 肺移植HLA抗体講演会 報告

[ 2017-08-28 ]

第1回 肝移植HLA抗体講演会 及び 第1回 肺移植HLA抗体講演会を平成29年7月1日(肝移植)7月29日(肺移植)に大阪で実施いたしました。

 

【第1回 肝移植HLA抗体講演会】

全国に25施設の肝臓移植施設がありますが、全ての施設がHLA抗体検査を実施しているわけではありません。肝移植におけるHLA抗体と移植成績の関連が学会等で報告されておりますが、まだ認知度が低いため、抗体検査の現状から臨床応用までの講演を頂き有用性などをご報告いただきました。

梅雨明け前の暑い日でしたが、7名の講師の先生、39名の先生方や臨床検査技師の方にご参加いただきました。

HLAの基礎、免疫学的な話、移植肝とドナー特異的HLA抗体(DSA: Doner Specific Antibody)、実際の肝移植の治療法など講演がなされました。移植肝がどのような機序で免疫学的な攻撃を受けるのかを基礎の先生と臨床の先生のディスカッションが参加者の興味を引いたようでした。HLA抗体が肝移植に影響するというコンセンサスは得られた一方で、実際のnMFI(normalized MFI)の数値など更なる討論が必要と思われました。

第1回 肝移植HLA抗体講演会

第1回 肝移植HLA抗体講演会の様子

 

【第1回 肺移植HLA抗体講演会】

7月29日は同じ場所で、肺移植HLA抗体講演会を実施いたしました。

肺移植においてもHLA抗体が関与するのではないかといわれ始めましたが、まだデータが十分ではないのが現状です。肺移植施設は全国で10施設にて実施されておりますが、その全ての施設からお集まり頂き、現状と今後についてご講演頂きました。

夏の大阪はむしむしと暑い日でしたが、10名の講師の先生、28名の先生方や臨床検査技師の方にご参加いただきました。HLA抗体への取り組み、治療法、患者経過症状など細かな意見交換がなされ、とても刺激的で有意義な会でした。この講演会では、HLAの基礎の講演がなかったため、多くの先生方から基礎的な免疫学の話を聞きたいというご要望をいただくとともに、移植学会や、地方会と併設して実施してほしいというご希望を頂き、開催いたしました弊社としてはうれしく感じております。

第1回 肺移植HLA抗体講演会

第1回 肺移植HLA抗体講演会の様子

 

 

【関連リンク】