HOME > 注目の製品 > テラトーマ形成試験に代わるヒトES/iPS細胞の分化能評価

テラトーマ形成試験に代わるヒトES/iPS細胞の分化能評価

[ 2017-08-02 ]

ヒトES/iPS細胞の分化能評価には、マウスへの移植によるテラトーマ形成試験(テラトーマアッセイ)がよく用いられます。しかしこの方法は時間とコストがかかり、プロトコールが標準化されていないため結果にバラつきが生じる問題があります。

 

 

STEMCELL Technologies社の「STEMdiffTM Trilineage Differentiation Kit」は、ヒトES/iPS細胞の分化能を評価する培地キットです。
3胚葉(外・中・内胚葉)分化用の各培地に播種するだけで、1週間以内に分化能が評価できます

研究室で維持している細胞株や、新たに樹立した細胞株の品質管理を簡便に行えます!

 

 

 

 

【STEMDiff Trilineage Differenriation Kitの特長】

複数のヒトES/iPS細胞株で、再現性高く分化することを確認済

各胚葉別に分化させるため、結果の解釈が容易

1週間以内に完了するプロトコール(中・内胚葉は5日、外胚葉は7日)

分化後は様々なアッセイに使用可能(フローサイトメトリー、免疫染色、遺伝子解析)

 

【STEMDiff Trilineage Differenriation Kitによるアッセイ概要】

STEMdiff Trilineage Kit アッセイ概要

中・内胚葉は5日、外胚葉は7日で分化が完了
分化した細胞はフローサイトメトリーなどのアッセイに利用可能

 

【高い分化能】

ヒトES細胞株を各胚葉に分化させ、免疫染色した例

 

【高い再現性】

ヒトES/iPS細胞株5株を各胚葉に分化させ、フローサイトメトリーでマーカー発現を解析

 

STEMdiff Trilineage Differentiation Kit 製品詳細はこちら>>

 

【製品リスト】

商品コード 商品名 梱包単位
ST-05230 STEMdiff Trilineage differentiation kit kit

 

 

【関連リンク】

わかりやすい!最新ES/iPS細胞研究ワークフロー

リプログラミングから分化まで、最新の研究の流れに沿ってSTEMCELL Technologies社のおすすめ&新製品を紹介しています!