HOME > 注目の製品 > 「VERITAS SCIENCE LETTER 」紹介 HLA抗体特異性が4桁レベルで乖離した症例

「VERITAS SCIENCE LETTER 」紹介 HLA抗体特異性が4桁レベルで乖離した症例

[ 2014-10-02 ]

HLA & Transplantation Letter Vol. 11 「HLA抗体特異性が4桁レベルで乖離した症例」が発行されました!

LABScreen Single Antigen Supplementを使用したことで、4桁レベルでのDSA(Donor specific antibody)の判定する事の重要性が示唆されております。


「HLA抗体特異性が4桁レベルで乖離した症例」

 

【目次】

1.

はじめに

2.

症例

3.

既存抗体の有無

4.

既存抗体のHLA 特異性

5.

アリルの比較検討

6.

LABScreen Single Antigen Supplementの追加検査による検討

7.

考察

8.

追記:エピトープ解析

 

「HLA & Transplantation Letter」は、ベリタスが刊行するHLAや移植に関するサイエンスレターです。HLAの基本情報から、移植にかかわるHLA抗体の最新情報、更には論文紹介などによる海外の動向まで幅広い情報提供を致します。

PDFまたは郵送で送付希望される方はHLA & Transplantation Letterへのご登録が必要です。
「HLA & Transplantation Letter 申込フォーム」からお申込み下さい。

※バックナンバーをご希望の方は備考欄にその旨をご記載下さい

 

【関連情報】

HLA抗体検出試薬「LABScreen」 お得なセット販売の継続決定しました

LABScreen Single Antigen & Supplement

C1qScreen

HLAコミュニティ