HOME > 注目の製品 > 週末の培地交換不要~Laminin-521でのES/iPS細胞培養 新プロトコール~

週末の培地交換不要~Laminin-521でのES/iPS細胞培養 新プロトコール~

[ 2014-08-20 ]

ヒト多能性幹細胞(hPSC)の培養プロトコールの多くは毎日の培地交換を必要とします。しかし、hPSC本来のマトリクスに最も近いBioLamina社ヒト組換えラミニン「Laminin-521」を培養基質に用いることで、土日の培地交換が不要になります。この新しいプロトコールはフレキシブルで、平日に毎日培地交換し、木曜か金曜にシングルセル継代を行います。あとは細胞株と作業スケジュールにとって最適になるよう、播種密度を調整するだけです。木曜か金曜に継代することさえ守れば、多能性幹細胞の形態・マーカー発現・自己増殖能などを維持することが可能です。

 

Laminin-521を使用したウィークエンドフリープロトコールとは?

 

【特長】

土日の培地交換不要

フレキシブルな継代スケジュール

多能性と増殖速度を維持

簡単で信頼性の高いシングルセル継代

Definedかつゼノフリーで、長期増殖が可能

低bFGF培地(4 ng/mL)でバリデート済み ※

※ 多くの培地はbFGFをより高い濃度で含みます。そのような培地(例:mTeSR1, TeSR2)を使用した場合、同等以上のパフォーマンスが期待できます。

 

【方法】

Laminin-521のプロトコールに従ってシングルセル継代を行います。

以下の点のみ、ご変更ください。

平日(月~金曜)のみ培地交換を行う

木か金曜どちらかに必ず継代する

細胞株と作業スケジュールに合わせ、最適な播種密度に調整する

 

【通常プロトコールとの比較】

ヒトES/iPS細胞の維持培養において、毎日培地交換する通常のプロトコールと、ウィークエンドフリープロトコール(平日のみ培地交換)を比較したデータをご紹介いたします。どちらも週2回シングルセル継代を行うとともに、木曜か金曜には必ず継代を行いました。またヒトES細胞株(HS181、HS980)、およびiPS細胞株(C3)を用いて6継代しました。

 

図1:細胞増殖速度の比較
ウィークエンドフリープロトコール(点線)は通常プロトコール(実線)と同様の増殖速度を示しました。

 

図2:多能性マーカー発現と形態の維持
ウィークエンドフリープロトコールと通常プロトコールで6継代した細胞は、いずれも均一に単層培養され、OCT-4の発現が高く、未分化細胞の形態(顕著な核小体、高い核-細胞質比)を維持していました。

 

【関連製品】

Laminin-521

Laminin-521コート済みプレート(521-To-Go)

スタンダードなヒトES/iPS維持培地 (mTeSR1)

Defined・動物タンパクフリー ヒトES/iPS維持培地 (TeSR2)

 

【製品リスト】

商品コード

商品名

梱包単位

BLA-LN521-02

Human recombinant laminin 521

100 μg

BLA-LN521-03

Human recombinant laminin 521

1 mg

BLA-LN521-04

Human recombinant laminin 521

5 mg