HOME > 学会・展示会 > 第103回 日本病理学会総会 展示のご案内

第103回 日本病理学会総会 展示のご案内

[ 2014-04-04 ]

弊社では、第103回日本病理学会総会(2014年4月24 - 26日、広島)にて展示致します。
病理学研究の幅広い領域で活躍する製品を多数紹介いたします!!

 

【展示内容】

QuantiGene ViewRNA ISH Tissue Assay (Affymetrix/Panomics社)

1細胞あたり10コピーのmRNAから検出可能なFFPE切片・凍結切片向け高感度in situハイブリダイゼーションキットで、2種類の遺伝子発現を同時検出が可能です。

 

 

ヒト皮膚FFPEからKrt(赤)、Actb(緑/濃青)遺伝子の検出例

 

 

学会会場では、本ViewRNA試薬で染色した組織切片*をオリンパス株式会社様のブース(ブース番号:15)に設置した顕微鏡で高解像度な染色像をご覧頂けます。 

※ 組織サンプルは、株式会社アワジェニック様より提供頂いております。 

 

 

QuantiGene ViewRNA ISH Cell Assay (Affymetrix/Panomics社)

1細胞あたり1コピーのmRNAから検出可能です!チャンバースライドや24ウェルプレート程度のスケールで培養した細胞を4色の異なる蛍光色素により、最大4種類の遺伝子検出が可能です。CTCを回収して染色するキットもございます!

 

 

QuantiGene Plex 2.0 mRNA Assay  

「xMAPテクノロジー®」によるハイスループットなmRNA発現解析アッセイです。今回、FFPEサンプルを用いたアプリケーション例を紹介致します。

 


MesoDissection System (AvanSci Bio社)

 FFPE切片からターゲットの部位を粉砕しながら切り取る装置です。回収した組織はDNA抽出などにご利用頂けます。
学会期間中、弊社ブースにて装置を展示します!

MeSectr Device 製品紹介:

★★★ 製品紹介ポスターはこちら>>>

 

 

T細胞、B細胞クロナリティ検出試薬 (Invivoscribe社)

欧州委員会研究プロジェクト (BIOMED-2)との共同研究に基づいた標準規格製品で、世界50ヶ国以上で幅広く使用されています。PCR法をベースにした方法のため、微量のDNAから短時間・高感度にT細胞、B細胞のクロナリティを検出します。

 

 

がん関連遺伝子検出試薬 (Amoy Diagnostics社)

FFPEから精製したDNAなどから、短時間・高感度にがん関連遺伝子を検出するReal-time PCR試薬です。

 

 

★☆★ 特典 ★☆★ 

弊社ブースにてアンケートにご協力頂いた方の中から、抽選で20名様に広島県備後地方のご当地ラーメン「尾道ラーメン(おのみちラーメン)」をプレゼント!

 

学会の詳細につきましては、下記をご覧下さい。

日  時  : 2014年4月24日 - 26日

会  場  : 広島国際会議場他

ブース番号:  35

学会HP: http://www2.convention.co.jp/103jsp/

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。