HOME > 新製品 > 新発売!ヒト多能性幹細胞から胚体内胚葉への分化用 培地キット

新発売!ヒト多能性幹細胞から胚体内胚葉への分化用 培地キット

[ 2013-02-19 ]

STEMCELL Technologies社から、ヒト多能性幹細胞から肝、膵、肺、小腸系への分化の起点となる「Definitive Endoderm(胚体内胚葉)」へ分化誘導する培地キット「STEMdiff Definitive Endoderm Kit」が新発売されました。

 

【特長】

  • 動物成分フリー
  • mTeSR 1TeSR2で維持培養した細胞に最適化
  • ヒト多能性幹細胞を4-5日分化させると、通常純度60-99%のCXCR4+/SOX17+細胞が得られます


さらに…

  • 様々な多能性幹細胞のセルラインを効率よくDefinitive Endodermに分化でき、発達、疾患モデル研究に最適
  • 形成されたDefinitive Endodermは創薬、毒性試験、細胞治療あるいは発達のパスウェイ研究の為の肝細胞、膵臓プレカーサーへの分化等、各種の内皮系細胞に分化させる事が可能

 

★☆★STEMdiff Definitive Endoderm Kitの詳細はこちら>>>

 

 

様々なヒト多能性幹細胞セルラインをDefinitive Endodermへ分化

mTeSRTM1で培養したヒト多能性幹細胞からSTEMdiff Definitive Endoderm Kitで5日間培養した細胞に対し、
胚体内胚葉細胞のマーカーであるCXCR4とSOX17の発現を調べたものです

 

 

分化させたDefinitive Endodermは膵細胞系、肝細胞系へ分化する能力を維持 

ヒトES(H9)細胞からSTEMdiff Definitive Endoderm Kitで分化させたDefinitive Endodermを
さらに膵細胞系、肝細胞系へ分化させたものです

PDX-1: Pancreatic and duodenal homeobox 1、HSA: Human serum albumin

 

 

  【製品リスト】

コードNo.

商品名

梱包単位

 ST-05110

 STEMdiff Definitive Endoderm Kit

 Kit   

 

 

【関連資料】