HOME > 注目の製品 > 「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 7」

「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 7」

[ 2012-11-09 ]

第7号は「Dynabeadsを用いたアプリケーション」として、東京大学分子細胞生物学研究所・岩崎先生らによる「磁気ビーズによるプルダウンアッセイを利用したタンパク質-RNA 相互作用の解析」を紹介致します。
Hsc70/Hsp90 シャペロン機構がsmall RNA二本鎖のATP依存的なRISC loading に必須であることを明らかにしていく中で、Dynabeads Protein GおよびDynabeads MyOne Streptavidin T1が使用されています。

 


「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 7」はこちら>>>



【キーワード】

プルダウンアッセイ、タンパク質-RNA相互解析、Dynabeads Protein G、ストレプトアビジン結合Dynabeads

 

【参考文献】

Iwasaki S, Kobayashi M, Yoda M, Sakaguchi Y, Katsuma S, Suzuki T, Tomari Y.  Hsc70/Hsp90 chaperone machinery mediates ATP-dependent RISC loading of small RNA duplexes.  Mol Cell. 39(2): 292-9, 2010.



【関連製品】

 

=========================================================

 ★ VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research バックナンバー

 

 

★ Dynabeads Letters バックナンバー 

※ 分子生物学的アプリケーションのみ紹介しています。
「Dynabeads Letters」内の製品紹介は掲載当時のものです。