HOME > 注目の製品 > 「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 6」

「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 6」

[ 2012-10-11 ]

第6号では「Dynabeadsを用いたアプリケーション」として、立教大学理学部・後藤先生による、二次抗体結合Dynabeadsを利用したオルガネラの免疫磁気分離のプロトコールと、文献中での活用例-ショウジョウバエ胚ゴルジ体の免疫磁気分離を紹介致します。


「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 6」はこちら>>>

 

 

【キーワード】

細胞小器官、免疫磁気分離、二次抗体結合ビーズ


【参考文献】

Yano H, Yamamoto-Hino M, Abe M, Kuwahara R, Haraguchi S, Kusaka I, Awano W, Kinoshita-Toyoda A, Toyoda H, Goto S.
(2005) Distinct functional units of the Golgi complex in Drosophila cells. Proc Natl Acad Sci U S A . 102(38):13467-72

 

【関連製品】

 

ベリタスでは「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research」として、研究者の皆様に役立つ技術情報をお届けしています。

バックナンバーは下記をご覧ください。
 

=========================================================

 

★ VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research バックナンバー

 

 

★ Dynabeads Letters バックナンバー 

※ 分子生物学的アプリケーションのみ紹介しています。
「Dynabeads Letters」内の製品紹介は掲載当時のものです。