HOME > 新製品 > 新製品! 「抗AT1R抗体」検出キット

新製品! 「抗AT1R抗体」検出キット

[ 2012-09-26 ]

抗AT1R抗体は抗HLA抗体とともに、臓器移植後での抗体と関連した拒絶反応との関連が示唆され、注目されています。
この度弊社では、ワンラムダ社の新製品「抗AT1R抗体検出キット」の販売を開始いたしました。

 

 

本キットは、血清または血漿中の抗AT1R抗体を検出、定量するELISAキットです。
通常のELISAリーダーで測定が可能です。

 

製品の詳細はこちら>>

 

また、「ベリタスサイエンスレターHLA&Transplantation vol.8」にて、抗AT1R抗体と移植後の拒絶反応に関してご紹介しております。

 

【参考文献】

  1. Dragun D. Humoral responses directed against non-human leukocyte antigens in solid-organ transplantation.Transplantation. 2008;86(8):1019-25
  2. Dragun D. The role of angiotensin II type 1 receptor-activating antibodies in renal allograft vascular rejection. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2007;22(7):911-4.
  3. Dragun D, Müller DN, Bräsen JH, et al. Angiotensin II type 1-receptor activating antibodies in renal-allograft rejection. The New England journal of medicine. 2005;352(6):558-69.
  4. Reinsmoen NL, Lai C-H, Heidecke H, et al. Anti-angiotensin type 1 receptor antibodies associated with antibody mediated rejection in donor HLA antibody negative patients. Transplantation. 2010;90(12):1473-7.