HOME > 学会・展示会 > 第48回 日本移植学会総会 展示のご案内

第48回 日本移植学会総会 展示のご案内

[ 2012-08-01 ]

弊社では「第48回 日本移植学会総会」(平成24年9月20日~22日、名古屋)に展示致します。

 

  

【展示内容】

 

 LABScreen: LABScan 100によるHLA抗体測定試薬

 

 

 FlowPRA: フローサイトメトリーによるHLA抗体測定試薬

 LABType: LABScan 100によるHLA-DNAジェノタイピング試薬

 

 マイクロSSP: PCR-SSP法によるHLA-DNAジェノタイピング試薬

 

  

【LABScreen Single Antigen プロトコール共通化プロジェクト】

  

本学会期間中に、HLA抗体測定試薬「LABScreen Single Antigen」のプロトコール共通化に関する発表を行います。

  • 日  時: 2012年9月20日、15:00 - 15:30 (篠崎・高原班活動発表報告会内) 
  • 会  場: 第2会場 展示場705 (7F)
  • 演  題: LABScreen Single Antigenのプロトコール共通化 (仮)
  • 発表者:  橋口 裕樹 先生 (日本赤十字社 福岡赤十字病院 検査部HLA) 

 

2012年6月に開催された16th International HLA and Immunogenetics Workshop (16th IHIW) において、米国の移植現場におけるHLA抗体検査の権威であるEmory大学のDr. Robert Bray教授を中心としたプロジェクトにより、測定結果の日内間差・施設間差の縮小を目的とした、HLA抗体検査のプロトコール共通化 (standardization) に関する報告がありました。
そこで、日本国内での現状を把握した上で、海外と日本国内のMFI (mean fluorescence intensity) に差があるか、操作プロトコールを共通化することで測定結果の差異が縮小できるか検討しました。
 

 

 

【FlowPRAアトラスのご案内】

 

弊社ブースでは「FlowPRAアトラス」を配布致します。「FlowPRAアトラス」は、FlowPRAの概要、製品案内、操作方法、データ設定方法からケーススタディーまで網羅しております。FlowPRAとは何かを知りたい方から、実務でHLA抗体検査をされている方まで、お役に立てる情報を提供致します。

 

 

【VERITAS SCIENCE LETTER - HLA & Transplantation ご案内】

 

弊社ブースでは、弊社発行のサイエンスレター「ベリタスサイエンスレター - HLA & Transplantation」の新刊・バックナンバー等も用意致します。

 

 

第48回 日本移植学会総会の詳細につきましては、下記をご覧下さい。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。