HOME > 学会・展示会 > 「IVR被曝の可視化」に関するセミナーのご案内

「IVR被曝の可視化」に関するセミナーのご案内

[ 2012-03-30 ]

弊社では、第71回 日本医学放射線学会総会(2012年4月12 - 15日、パシフィコ横浜)期間中に「IVR被曝の可視化」をテーマにした
ランチョンセミナーを開催致します。
皆様の多数のご参加をお待ちしております。
※ IVR = Interventional radiology

 

日時:  2012年4月13日(金)  12:00 - 12:50

会場:  パシフィコ横浜 会議センター 313号室

司会:  古井 滋 先⽣(帝京⼤学医学部 放射線科 教授)

演題1: 放射線技師の立場における測定とその有用性に関して
      天野 雅史 先生(徳島⼤学病院 診療放射線部⾨ 主任技師)

演題2: IVR 被曝の可視化と被曝防護のポイント
      石口 恒男 先⽣(愛知医科⼤学 放射線医学講座 教授)

 

ランチョンセミナーの詳細はこちらをご覧下さい
尚、ランチョンセミナーは整理券制になっておりますのでご注意ください。

 

■ 配布場所:会議センター1F、アネックスホール入口
■ 配布時間:7:15~11:45(当日分のみ発券可能。無くなり次第、発券終了)
■ 有効期限:セミナー開始10 分後
※尚、整理券をお持ちでない場合でも聴講は可能です。(お席、お弁当がない場合がございますが、予めご了承ください。)

学会期間中、販売元であるアールテック有限会社様のブースにて、IVR被曝の可視化フィルムGAFCHROMIC Filmおよび
解析ソフトウェアを展示致します。

期間中、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

学会HP:  http://www.congre.co.jp/jrs71/

製品情報: http://www.veritastk.co.jp/cat/ETC-ISP/