HOME > 新製品 > 新発売!! 乳腺上皮細胞用培地 EpiCult-C

新発売!! 乳腺上皮細胞用培地 EpiCult-C

[ 2010-12-14 ]

 

STEMCELL Technologies社では、EpiCult(乳腺上皮細胞用培地)ヒト・マウスの乳腺組織の解離、乳腺上皮細胞サブセットの濃縮、乳腺細胞の培養や特性を決定するための製品を提供しています。

 

EpiCult-Cの紹介

 

 


【EpiCult-C (Human)の特徴】New !!

 

  • プライマリー乳腺上皮細胞のshort term cultureが可能
  • コラゲナーゼ/ヒアルロニダーゼを使用した乳腺組織の解離をサポート
  • 管腔細胞及び筋上皮細胞両方の増殖をサポート
  • 牛下垂体抽出物を含まない

 

 【EpiCult-B (Human, Mouse)の特徴】

 

  • Mammary CFC assayによる乳腺前駆細胞の検出が可能
  • 管腔細胞及び筋上皮細胞の増殖をサポート
  • 牛下垂体抽出物を含まない
  • 分化の極性を検出する3D形態形成アッセイ(3D Matrigel-based assay)に使用可能

 

<EpiCultを使用したヒト・マウス乳腺上皮細胞の単離・培養のプロトコール概要>
<乳腺組織>

 

解離1 ↓  EpiCult-C(ST-05630)、コラゲナーゼ/ヒアルロニダーゼ(ST-07912)、
    組織解離フラスコ(ST-27300)
    乳腺類器官
解離2 EpiCult-C
    乳腺上皮細胞の単細胞懸濁液
濃縮 EasySepまたはフローサイトメトリーを用いた濃縮
培養 EpiCult-B(ST-05601)中でCFC assayにより乳腺前駆細胞の検出
    (or  EpiCult-C(ST-05630)中で培養)
検出 (or培養 ↓)

 

EpiCultを使用した乳腺上皮細胞の解離、濃縮、培養方法


● 解 離

乳腺細胞のSingle cell suspension(細胞が1つ1つバラバラになった状態の懸濁液)は、次の2段階の処理で得ることができます。

STEP1 コラゲナーゼ/ヒアルロニダーゼカクテルを用いて、組織を酵素的に乳腺類器官に解離します。
STEP2  この乳腺類器官を、トリプシン、DNase、ディスパーゼを用いて、Single cell suspensionにします。

 

● 濃 縮

ヒト細胞のサブセットは、上皮細胞接着分子(EpCAM)、CD49f、CD10、MUC1糖タンパク質の発現の違いを利用して、フローサイトメトリーまたはEasySepを用いた免疫磁気細胞分離法により細胞懸濁液中から単離することができます。
マウス乳腺上皮細胞は、EasySepを用いて非上皮細胞を除去し、その後フローサイトメトリーでCD24またはCD49f(あるいはその両方)を発現する細胞を濃縮することによって単離することができます。

 

● 培 養

ヒト・マウス乳腺上皮細胞は精製の有無を問わず、組織培養用プラスチック製品またはEpiCult-B(ヒト・マウス乳腺上皮細胞の増殖を促進する目的で設計された特製培地)を用いた3次元のコラーゲンゲル内で培養することができます。

 

MammoCultを使用した乳腺上皮細胞の解離、濃縮、培養方法はコチラをご参考下さい。

↓↓↓
MammoCult Mediumマニュアル

 

●EpiCult-B Medium Kit (Human)

1. Maximilian Diehn et al.Association of reactive oxygen species levels and radioresistance in cancer stem cells.Nature 458 (7239) 780-783 (February 4, 2009)


2. Peter Eirew et al.A method for quantifying normal human mammary epithelial stem cells with in vivo regenerative ability.Nat Med 14 (12) 1384-1389 (December 2008)


3. Afshin Raouf et al.Transcriptome analysis of the normal human mammary cell commitment and differentiation process.Cell Stem Cell 3 (1) 109-118 (July 3, 2008)
4. Norazizah Shafee et al.Cancer stem cells contribute to cisplatin resistance in Brca1/p53-mediated mouse mammary tumors.Cancer Res 68 (9) 3243-3250 (May 1, 2008)


5. Kevin G Leong et al.Jagged1-mediated Notch activation induces epithelial-to-mesenchymal transition through Slug-induced repression of E-cadherin.J Exp Med 204 (12) 2935-2948 (November 26, 2007)


6. Charlotta Lindvall et al.The Wnt signaling receptor Lrp5 is required for mammary ductal stem cell activity and Wnt1-induced tumorigenesis.J Biol Chem 281 (46) 35081-35087 (November 17, 2006)

 

●EpiCult-B Medium Kit (Mouse)
1. Shruti Goel et al.The Wnt receptor, Lrp5, is expressed by mouse mammary stem cells and is required to maintain the basal lineage.PLoS One 4 (8) e6594 (2009)


2. Daisuke Yamaji et al.Development of mammary luminal progenitor cells is controlled by the transcription factor STAT5AGenes& Development 23 (20) (October 15, 2009)


3. Yohei Shimono et al.Downregulation of miRNA-200c links breast cancer stem cells with normal stem cells.Cell138 (3) 592-603 (August 7, 2009)


4. Norazizah Shafee et al.Cancer stem cells contribute to cisplatin resistance in Brca1/p53-mediated mouse mammary tumors.Cancer Res 68 (9) 3243-3250 (May 1, 2008)


5. Brigitte Teissedre et al. PLoS One

 

技術資料


• MammoCult Mediumマニュアル

• Mammary Epithelial Cell研究総合資料

• 技術資料1: ヒト乳がん細胞株のTumorsphere培養

• 技術資料2: 固形乳腺組織の解離のためのガイド

• 製品資料

 

キット内容

・ST-05610 EpiCult-B Medium (Mouse)

EpiCult-B Basal Medium Mouse (450 mL)
EpiCult-B Proliferation Supplements (50 mL)

 

・ST-05601 EpiCult-B Medium (Human)

EpiCult-B Basal Medium (Human) (100 mL)
EpiCult-B Supplement (Human) (1 mL)

 

・ST- 05630 EpiCult-C Medium (Human)

EpiCult-C Basal Medium (Human) (500 mL)
EpiCult-C Supplement (Human) (5 mL)

 

関連製品


ヒトMammosphere培養用培地MammoCult

 

製品リスト

コードNo 商品名 製品説明 梱包単位
ST-05610 EpiCult-B Medium (Mouse) マウス乳腺上皮細胞用培地
マウス乳腺前駆細胞コロニー測定用培地
500 mL
ST-05601 EpiCult-B Medium (Human)

ヒト乳腺上皮細胞用培地
ヒト乳腺前駆細胞コロニー測定用培地

100 mL
ST-05630 EpiCult-C Medium (Human) ヒト乳腺上皮細胞用培地 500 mL