HOME > 注目の製品 > 多発性骨髄腫(Multiple Myeloma:MM)研究の精度を向上させる細胞分離試薬

多発性骨髄腫(Multiple Myeloma:MM)研究の精度を向上させる細胞分離試薬

[ 2010-12-07 ]

 

多発性骨髄腫(MM)は悪性形質細胞のクローン性増殖を引き起こすがんの一種で、細胞はCD138を発現しています。MMの診断には数々の試験が行われており、病気の程度を評価するために行う骨髄もしくは血液中のCD138陽性形質細胞の測定もその一つです。CD138陽性形質細胞の単離において重要なポイントは、サンプルのハンドリングが最低限で済むかどうかとクロスコンタミネーションの恐れがないことです。

 

ベリタスが供給する多発性骨髄腫研究のためのツール

 

  • MM細胞の分離
  • MM細胞のFISH解析
  • MM細胞のクロナリティ解析
  • 凍結MM細胞

 

 

 MM研究のための細胞分離試薬

 

EasySep CD138
CD138陽性細胞を純化するための磁気ビーズ試薬です。CD138陽性細胞に磁気ビーズを結合させることで高純度のMM細胞を簡単に単離することが可能です。
FISHや遺伝子解析前に細胞分離を行うことによりバックグラウンドを大幅に減らすことが可能になり、感度も向上します。

 

EasySepの特長

  • 操作時間はわずか45分
  • 洗浄不要の簡単なプロトコル
  • 最大91%の高純度なCD138陽性細胞を回収
  • RoboSepで操作の自動化が可能

EasySep操作概要

 

細胞分離前後での比較
■ CD138陽性細胞の精製

85-95%の高純度でCD138陽性細胞を単離することが可能です。

   

<分離前>                              <分離後>

κ軽鎖およびλ軽鎖をPurpleで核をPinkで染色

 左:分離前のCD138陽性細胞
右:分離後のCD138陽性細胞

 

■ FISH解析における観察精度の向上
 

CD138陽性細胞を単離した後、FISH解析を行うことによりバックグラウンドが無くなり染色体異常の定量が容易になります。また、解析における腫瘍細胞の割合が増加しますので感度の向上につながります。

 

 サンプル請求はこちら

 

 

RoboSep 細胞分離の自動化機器

 EasySepを用いたMM細胞の分離はRoboSepを用いることで完全に自動化することが可能です。

 

  

 

  • クロスコンタミネーションのないディスポーザブルチップを用いたシステム
  • 高純度に精製された細胞をすぐに解析に用いることが可能
  • 完全自動化なのでハンドリングタイムは5分程度
  • ハイスループットな最大4検体同時処理を実現



MMサンプルにおけるFISHを使ったabnormalitiesの検出感度に関するRoboSepとMACSの比較

RoboSepとMACSを比較する為、Salt Lake CityのARUP labsはMM患者から形質細胞を分離しabnormalitiesの検出をおこないました。

  • RoboSepで分離した細胞はほぼすべてのサンプルで、MACSで分離したものより高いabnormalitiesのレベルを示しています。(赤):RoboSepで分離した細胞、(青):MACSで分離した細胞

  • MACSで分離したサンプルは2%以上の形質細胞を含むサンプル(別の文献では少なくとも5%以上必要)から分離できたのに対し、RoboSepは少なくとも1% の形質細胞を含むサンプルから高純度に細胞を分離することができた。



RosetteSep Multiple Myeloma
RosetteSepは骨髄サンプルからダイレクトにMultiple Myeloma細胞(B細胞およびCD138陽性細胞)を分離するための試薬です。抗体カクテルと比重遠心を組み合わせることによりMM細胞を1ステップで濃縮することが可能です。

 

RosetteSep操作概要

 

 

 

 

Multiple Myeloma分離に関する参考文献


RoboSep® Human CD 138+ Positive Selection


Arendt BK, Ramirez-Alvarado M and Jelinek DF et al: Biological and genetic characterization of the novel amyloidogenic lambda light chain-secreting human cell lines, ALMC-1 and ALMC-2. Blood 112(16): 1931-41, 2008


Darce JR, Arendt BK, Wu X, and Jelinek DF et al: Regulated Expression of BAFF-Binding Receptors during Human B Cell Differentiation. Journal of Immunology 179:7276-86, 2007


Kline MP, Rajkumar SV, and Kumar S et al: ABT-737, an inhibitor of Bcl-2 family proteins, is a potent inducer of apoptosis in multiple myeloma cells. Leukemia 21(7):1549-60, 2007


Timm MM, Kimlinger TK, Kumar SK et al: Thymoglobulin targets multiple plasma cell antigens and has in vitro and in vivo activity in multiple myeloma. Leukemia 20(10): 1863-1869, 2006


EasySep® Human CD 138+ Positive Selection


Ng PP, Helguera G, Penichet ML et al: Molecular events contributing to cell death in malignant human hematopoietic cells elicited by an IgG3-avidin fusion protein targeting the transferrin receptor. Blood 108(8):2745-54, 2006

 

RosetteSep® Multiple Myeloma Enrichment Cocktail

 

Hideshima T, Catley L, Anderson KC et al: Perifosine, an oral bioactive novel alkylphospholipid, inhibits Akt and induces in vitro and in vivo cytotoxicity in human multiple myeloma cells. Blood 107(10): 4053-62, 2006

 

Yasui H, Hideshima T, Anderson KC et al: FTY720 Induces Apoptosis in Multiple Myeloma Cells and Overcomes Drug Resistance. Cancer Research, 65:(16)7478-84, 2005

 

細胞分離製品一覧

 製品コード

品名 

サンプル 

 梱包容量

ST-18357  EasySep Human CD138 Positive kit  単核球細胞  2x10^9 cells用
ST-18387  EasySep Human WB CD138 Positive kit  全血  全血60mL用
ST-15129  RosetteSep Multiple Myeloma  骨髄  骨髄40mL用
ST-15169   RosetteSep Multiple Myeloma   骨髄  骨髄200mL用

 

製品紹介ページ

 EasySep ヒトB細胞 分離

 RosetteSep-ヒトB細胞/多発性骨髄腫細胞 分離 

 

 

 FISHプローブ

 
多発性骨髄腫の染色体解析に用いることが可能なFISH(fluorescent in situ hybridization)プローブ試薬です。
CytoCell社の液状プローブは経済的な5テストと10テストの梱包をご用意しています。
注:2015年4月に販売中止となりました。詳しくはこちら>>


多発性骨髄腫関連製品

 

 製品名 

 染色体領域

製品コード

5テスト

10テスト

13q14.3 Deletion 13q14.3 CT-LPH 006-S CT-LPH 006
BCR/ABL Plus 9q34/22q10 CT- LPH 038-S CT- LPH 038 
CKS1B/CDKN2C Amplification/Deletion 1q21/1p32.3 CT- LPH 039-S CT- LPH 039
D13S25 13q14.3 CT- LPH 043-S CT- LPH 043
D13S319 13q14.3 CT- LPH 042-S CT- LPH 042
IGH Breakapart 14q32.3  CT- LPH 014-S CT- LPH 014
IGH/CCND1 Translocation 14q32.3/11q13 CT- LPH 021-S CT- LPH 021
IGH/CCND3 Translocation 14q32.3/6p21 CT- LPH 040-S CT- LPH 040
IGH/FGFR3 Translocation 14q32.3/4p16.3 CT- LPH 030-S CT- LPH 030
IGH/MAF Translocation 14q32.3/16q22 CT- LPH 029-S CT- LPH 029
IGH/MAFB Translocation 14q32.3/20q12 CT- LPH 044-S CT- LPH 044
IGH/MYEOV Translocation 14q32.3/11q13 CT- LPH 045-S CT- LPH 045
P53 Deletion 17p13 CT- LPH 017-S CT- LPH 017

 

 

 クロナリティ解析

 イムノグロブリン再構成を利用したクロナリティ解析用のPCR試薬(InvivoScribe社製品)です。多発性骨髄腫のような単クローン性ガンマグロブリン血症の解析に利用可能です。
注:2016年9月販売中止となりました。詳しくはこちら>>

 

多発性骨髄腫関連製品

製品コード 

製品名 

梱包容量 

 検出方法

IVS-11010011

IGH Gene Rearrangement Assay -ABI用

30反応分 ABI Genetic Analyzer
IVS-11010010

IGH Gene Rearrangement Assay
- Gel Detection

30反応分 ゲル電気泳動
IVS-11010021

IGH Gene Clonality Assay -ABI用

33反応分 ABI Genetic Analyzer
IVS-11010020

IGH Gene Clonality Assay
- Gel Detection

33反応分 ゲル電気泳動
IVS-51010031

IGH Somatic Hypermutation Assay -ABI用

33反応分 ABI Genetic Analyzer
IVS-51010030

IGH Somatic Hypermutation Assay
-Gel Detection

33反応分 ゲル電気泳動

 

 

 

 

多発性骨髄腫患者由来の細胞検体  

 倫理委員会の承認を経て適切に採取された多発性骨髄腫患者由来の検体を取り扱っています。以下のような製品をご提供可能です。

 

多発性骨髄腫患者由来の骨髄/末梢血

 在庫状況やドナー情報につきましてはお問い合わせください。

 

 

【関連情報】

「VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 3」 QuantiGene 2.0による融合遺伝子測定