HOME > 新製品 > 爪水虫が5時間で検出可能!!

爪水虫が5時間で検出可能!!

[ 2010-11-01 ]

 

爪水虫は主にT. rubrumT.mentagrophytesなどによって引き起こされます。原因菌の同定には、従来法で最大4週間ほどかかります。一方、SSI社Dermatophyte PCRキットは、皮膚糸状菌及びT. rubrumの同定を高感度で且つ5時間以内に行うことができます。

 

Dermatophyte PCRキット使用概要
1) 爪サンプルからDNAを抽出します。
2) PCR用試薬を混ぜます。
3) Thermocycler でのPCRを行います。
4) PCR産物をアガロースゲル電気泳動で確認します。

 

 

【特 徴】


・爪水虫の原因となっている菌の同定
・従来法より高感度
・5時間で検出可能

 

 

【従来法との比較】


Multiplex PCR法と従来法(microscopyとculture)は、118の爪サンプルを用いて、皮膚糸状菌及びT. rubrumの測定が行われました。
従来法と比較して、Multiplex PCR 法では検出率が増加し感度が高いことが示されました1。
(下表参照)

 

  皮膚糸状菌   T.rubrum

 従来法

 38.1%

 22.9%

 Multiplex PCR

 42.4%

 41.5%

 検出率の増加

 4.3%

 18.6%

 


皮膚糸状菌 T.rubrum
従来法 38.1% 22.9%

Multiplex PCR 42.4% 41.5%
検出率の増加 4.3% 18.6%

 

【使用例】


T.rubrumと皮膚糸状菌のMultiplex PCR産物の解析

1レーン 分子サイズマーカー(100塩基対のDNA ladder)
2レーン Control 1(皮膚糸状菌のゲノムDNA )
3レーン Control 2(T. rubrumのゲノムDNA)
4レーン 皮膚糸状菌陽性の爪サンプル
5レーン 皮膚糸状菌陽性の爪サンプル
6レーン T. rubrum陽性の爪サンプル
7レーン ネガティブコントロール (A/B buffer)

 

 

【参考文献】

 

1. Brillowska-Dabrowska, A., Saunte, D. M. and Arendrup, M.
C. 2007. Five-Hour Diagnosis of Dermatophyte Nail Infection
with Specific Detection of Trichophyton rubrum. Jour. Clin.
Microbiol. 1200-1204.

 

【添付資料】

 

Brochure.Dermatophytes%20multiplex%20PCR.pdf


Dermatophyte PCR-kit:
・ PCR ReadyMix (loading buffer含)
・ Primer mix (chitin synthase 1とITS2(internal transcribed spacer)の2つのプライマー)

 

商品コードNo. 

 商品名

梱包単位 

 SSI73411  Dermatophyte PCR-kit  1 キット