HOME > 注目の製品 > 文献紹介: ES/iPS細胞由来造血幹細胞の機能評価(コロニーアッセイ)

文献紹介: ES/iPS細胞由来造血幹細胞の機能評価(コロニーアッセイ)

[ 2014-03-17 ]

STEMCELL Technologies社のMethoCult製品は、colony-forming cell (CFC)、もしくは colony-forming unit (CFU) assay の“ゴールドスタンダード”として造血前駆細胞の検出、定量に幅広く使用されています。

 

   MethoCultのセットアップについて
     
   MethoCultのセットアップ方法の詳細が分かります。

 

コロニーアッセイの特長

 

最近、多くの研究室でES/iPS細胞由来の造血幹細胞の評価でコロニーアッセイが使用されています。コロニーアッセイでは、細胞表面マーカー、遺伝子発現解析では得られない未分化能を示すコロニー数やコロニーの種類(CFU-GM, BFU-E など)についてのデータが取得可能です。

 

 

【ES細胞由来の造血幹細胞での使用例 】

 

「Human ESC-derived hemogenic endothelial cells undergo distinct waves of endothelial to hematopoietic transition」 
Rafii S, et alBlood, Vol. 121, No. 5, 770-780, January 2013.

米国・ワイルコーネル医科大学の研究グループによる論文です。ヒトES細胞から分化させた造血幹細胞に対し、MethoCultまたはMegaCultを用いてCFCアッセイを行っています。

 

「OP9 Stroma Augments Survival of Hematopoietic Precursors and Progenitors During Hematopoietic Differentiation from Human Embryonic Stem Cells」 
Ji J, et alSTEM CELLS Volume 26, Issue 10, pages 2485–2495, October 2008

カナダ、マックマスター大学の Ji らが独自にサイトカインを添加したMethoCult(H4230)を利用してヒトES細胞から分化させた造血幹細胞のコロニー形成能を評価した結果です。


「Hematopoietic colony-forming cells derived from human embryonic stem cells」
Kaufman DS, et al. PNAS, Volume 98, No. 19, 
10716–10721, September 2001.

米国・ウィスコンシン大学病院 の Kaufman ら が MethoCult(H4435)を利用してヒトES細胞から分化させた造血幹細胞のコロニー形成能を評価した結果です。

 

 

【iPS細胞由来の造血幹細胞での使用例】

 

「Differential Sensitivity to JAK Inhibitory Drugs by Isogenic Human Erythroblasts and Hematopoietic Progenitors Generated from Patient-Specific Induced Pluripotent Stem Cells」
Ye Z, et alStem Cells, Volume 32, pages 269–278, 2014.

米国・ジョンホプキンズ大学の研究グループによる論文です。ヒトiPS細胞から分化させた造血幹細胞に対し、MethoCult H4534またはMethoCult H4034を用いてCFCアッセイを行っています。

 

「Hematopoietic and Endothelial Differentiation of Human Induced Pluripotent Stem Cells」  
Choi KD, et al. Stem Cells, Volume 27, Issue 3, pages 559 - 567, 2009.

アメリカ、ウィスコンシン大学の Choi らが MethoCult(H4435)を利用してヒトiPS細胞から分化させた造血幹細胞のコロニー形成能を評価した結果です。

 

「Hematopoietic Development from Human Induced Pluripotent Stem Cells」  
Lengerke C, 
et al.  Ann N Y Acad Sci. Volume 1176, pages 219-27, September 2009.

ドイツ、テュービンゲン大学の Lengerke らが MethoCult(H4434)を利用してヒトiPS細胞から分化させた造血幹細胞のコロニー形成能を評価した結果です。

 

 

【ES/iPS細胞由来の造血幹細胞での使用例】

 

「A novel serum-free monolayer culture for orderly hematopoietic differentiation of human pluripotent cells via mesodermal progenitors」
Niwa A, et al. PLoS One, Volume 6, Issue 7, e22261, 2011.

京都大学CiRA・丹羽先生らの研究グループによる論文です。ヒトES/iPS細胞から分化させた造血幹細胞に対し、MethoCult H4435を用いてCFCアッセイを行っています。


「A Defined, Feeder-Free, Serum-Free System to Generate in vitro Hematopoietic Progenitors and Differentiated Blood Cells from hESCs and hiPSCs」
Salvagiotto G, et al. PLoS ONE, Volume 6, Issue 3, e17829, 2011. 

米国・ウィスコンシン大学の研究グループらによる論文です。ヒトES/iPS細胞から分化させた造血幹細胞に対し、MethoCult H4436またはMegaCultを用いてCFCアッセイを行っています。

 

「Enhanced generation of hematopoietic cells from human hepatocarcinoma cell-stimulated human embryonic and induced pluripotent stem cells」 
Liu M, et al. Experimental Hematology, Volume 37, Issue 8 , Pages 924-936, August 2009.

 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学のLuらが独自にサイトカインを添加したMethoCult (H4230)を利用してヒトES/iPS細胞から分化させた造血幹細胞のコロニー形成能を評価した結果です。

 

MethoCult (ヒト用) 製品の詳細はコチラ

 

 

 

【関連資料】

 

 

AABB (Association of Accredited Blood Banks)の指針に掲載!!

 

CFUassayAABB(Association of Accredited Blood Banks)の指針(4thedition of the AABB Standards for Cellular Therapy Product Services, reference standard 5.17B no. 4)に掲載されました(March 1, 2010)。
すべての
AABB公認のさい帯血バンクで、移植用のさい帯血についてCFU assayが実施されることになりました。

 

AABB公認のさい帯血バンクは、こちら

 

 

【ヒトES/iPS細胞 関連製品】