HOME > お知らせ > 組み換えラミニン ES/iPS細胞培養のための基底膜

組み換えラミニン ES/iPS細胞培養のための基底膜

[ 2011-07-19 ]

 

高純度ラミニン/多能性幹細胞の長期培養を可能にします!
Human Recombinant Laminin

BioLamina社が提供するラミニンの概要プレゼンテーション

View more presentations from BioLamina

 

 特徴 

  • 多能性細胞の長期培養が可能(5ヶ月以上)
  • 高純度
  • 安定した再現性
  • 完全にヒト由来成分のみしか含まない培養系の構築が可能

 

 

 アプリケ-ション

 

 Laminin-511 (ラミニン-511)

  • human embryonic stem cells
  • mouse embryonic stem cells
  • neuronal axons
  • thymocytes
  • vascular endothelial cells
  • insulin-producing beta cells (with Laminin-411)

 

 Laminin-411 (ラミニン-411)

 

 Laminin-211 (ラミニン-211)

  • Motor neurons
  • Skeletal mascle
  • Cardiac mascle
  • Neutrophils
  • Vascular endothelial cells

 

 

 Laminin-511 (ラミニン-511)

 

ES/iPS 細胞をdefined、アニマルコンポーネントフリーの条件下で培養 

 

Laminin-511 はFeeder 細胞を用いることなく、ヒトES 細胞を未分化のまま数カ月維持培養することができます。マウスES細胞もLIF あるいはfeeder cell 無しで生育可能です。 

Laminin-511の製品情報

 

  • Laminin-511を用いたdefinedかつXeno-freeな条件下でのヒト多能性幹細胞の
    長期維持培養に関する文献

    Long-term self-renewal of human embryonic stem cells on human recombinant
    laminin-511 in xeno-free and feeder-free environment. Nature Biotechnology
    June 2010, In press. Rodin S, Domogatskaya A,

 

 アプリケーション 

  • human embryonic stem cells
  • mouse embryonic stem cells
  • neuronal axons
  • thymocytes
  • vascular endothelial cells
  • insulin-producing beta cells (with Laminin-411)

 

 

Laminin-521(ラミニン-521)

Laminin-521は、トリプシン処理後ROCK inhibitorを必要とせずにsingle cell suspensionでヒト多能性幹細胞の増殖を効果的にサポートします。 

Laminin-521の製品情報

 

安全性の向上:ES細胞の分化実験におけるラミニンの使い分け

ラミニンは細胞毎に適したタイプのラミニンを選択することが可能です。
ラミニン-511は未分化な多能性幹細胞の培養をサポートすることができますが、ラミニン-441は未分化な細胞を培養することができません。ラミニン-411で培養した場合、それらの多能性細胞は分化してしまうか死んでしまいます。臨床応用を考えた場合、このようにラミニンのタイプを使い分けることにより分化後の細胞からより効率的に未分化細胞を取り除くことができ、細胞利用の安全性が向上すると考えられます。

 

 

 

 

 マウスES 細胞の長期維持培養データ

 

マウスES をLIF なしで5 カ月以上培養したデータ。

 

詳細は以下の文献でご確認いただけます。

Laminin-511, but not -332, -111 or -411 enables mouse embryonic
stem cell self-renewal in vitro.
Anna Domogatskaya, Sergey Rodin, Ariel Boutaud, Karl Tryggvason

 

他のマトリックスであるLaminin-411、Laminin-111、ゼラチン、poly-D-Lysineでは、マウスES 細胞の長期培養をサポートすることはできない。 

 

 

 Laminin-411(ラミニン-411)

 

 

 

 

血管系、免疫系、神経系や膵臓系の細胞等広い範囲の組織をサポートする溶液です。
BioLamina の新しい基質システムでLaminin-511 と411 基質を同時に使用する事で、細胞に特異的なシグナルを与え、インシュリン産生β細胞の生育が可能になります。 

 

 

 アプリケーション 

 

  Laminin-211 (ラミニン-211)

 

 

 

 

運動神経、心筋系、骨格筋等を含む、広い範囲の組織をサポートする溶液です。

 

 

 アプリケーション 

  • Motor neurons
  • Skeletal mascle
  • Cardiac mascle



 製品資料

 

 

 関連製品