HOME > 注目の製品 > in vitroでのコロニーアッセイによる薬剤毒性試験

in vitroでのコロニーアッセイによる薬剤毒性試験

[ 2009-11-05 ]

 

欧州代替法評価センター(ECVAM)によって承認された薬剤毒性試験の為のコロニーアッセイ

MethoCultを用いた造血前駆細胞コロニーアッセイは、動物への薬剤試験の必要を減らし、薬剤スクリーニングの効率を向上させる代替試験方法してECVAMのScientific Advisory Committee により承認されています。 ECVAM は、急性好中球減少症の予測にColony-Forming Unit-Granulocyte/Macrophage (CFU-GM) Assayの使用を推奨しています。Colony Forming Unit-Megakaryocytes(CFU-Mk)での使用に関しても紹介されています。Application of human CFU-Mk assay to predict potential thrombocytotoxicity of drugs. Toxicol In Vitro. 2009 Feb; 23(1):194-200. Epub 2008 Dec 3.

 

コロニー形成細胞(CFC)アッセイでは、薬剤毒性を測定するためにin vivoでの動物試験

ではなくin vitroでの細胞培養を行います。セミソリッドのメチルセルロース培地内で

造血前駆細胞の感受性を評価します。

 

 

  MethoCultのセットアップについて 
    
  MethoCultのセットアップ方法の詳細が分かります。

 

用途
  • ヒト、マウス、ラット造血前駆細胞などでのin vitro薬剤感受性試験
  • 前臨床薬剤スクリーニングにおける急性好中球減少症の予測のための代替アッセイ
  • 動物への薬剤試験の代替 

 

製品資料



製品一覧

製品コード
製品名
製品内容
容量
ST-03001   
MethoCult M3001
マウス用
100mL
ST-04003   
MethoCult Z4003
その他細胞用
80mL



参考文献
  •  Gribaldo L, Casati S, Castoldi AF, Pessina A: Comparison of in vitro

    drug-sensitivity of human granulocyte-macrophage progenitors

    from two different origins: umbilibal cord blood and bone marrow.

    Exp Hematol 27: 1593-1598, 1999

 

  •  Pessina A, Albella B, Bueren J, Brantom P, Casati S, Gribaldo L,

    Croera C, Gagliardi G, Foti P, Parchment R, Parent-Massin D,

    Sibiril Y, Van Den Heuvel R: Prevalidation of a model for predicting

    acute neutropenia by colony forming unit granulocyte/macrophage

    (CFU-GM) assay. Toxicol In Vitro 15: 729-740, 2001

 

関連製品