HOME > 注目の製品 > Cord BloodのCFCアッセイを7日間に短縮「MethoCult Express」

Cord BloodのCFCアッセイを7日間に短縮「MethoCult Express」

[ 2009-09-15 ]

 

 


 

 

 

 

MethoCult Expressの製品概要

 

 

 

 さい帯血のCFCアッセイを7日間に短縮可能です。

 

   MethoCultのセットアップについて
    
   MethoCultのセットアップ方法の詳細が分かります。

 

 

特長

 

  • 移植片の品質を7日間で評価可能
  • Progenitorの増殖とコロニー形成を促進するために最適化された組成
  • 培養を14-16日続けることでColony lineageの同定も可能 

 

CFCアッセイについて

 

移植片におけるトータルのcolony-forming cell (CFC)数やcolony-forming
unit-granulocyte,macrophage (CFU-GM)は、好中球、血小板移植や移植後の
生着のよい指標になります。特に臍帯血(CB)移植においては、臍帯血ユニット解凍後の
トータルCFC数が他のパラメーター(凍結保存前のCFC数やトータル有核細胞数、CD34
陽性細胞数など)よりも回復と生着に強く相関があることが分かっております。
移植片の前駆細胞含有量を移植前に評価することは、以下のような理由から臍帯血移植に
非常に重要と考えられています。

 

  • 前駆細胞含有量は臍帯血ユニット間で大きな違いがある

  • 移植に有効な細胞数は限られている

  • Ex vivoでの操作(凍結保存や解凍を含む)による様々な影響

 

7日間でCFCアッセイが行えることのメリット

 

MethoCult Expressを使用した7日間のCFCアッセイにより臍帯血バンクや移植施設は

保存や移植に最適な臍帯血ユニットを従来の半分の時間で選択することが可能と

なります。
コロニーのタイプを識別する必要がなく、トータルのCFC数を測定するのであれば、

コロニーが完全に成熟し形状学的に判別することを待つ必要がありません。

 MethoCult Expressについての製品資料

 

製品一覧 

 

製品コード 製品名 容量
ST-04437
MethoCult Express 100mL
ST-04447 MethoCult Express 24x3mL

 

MethoCult Expressで観察されたヒト臍帯血前駆細胞由来の造血コロニー7日後と14日後
注:7日と14日を比較するため左右の画像は同じ視野を表している 。

 


Day7; 2x objective Day14; 2x objective
 Day7; 4x objective Day14; 4x objective
 
Day7; 2x objective   Day14; 2x objective

Day7; 4x objective   Day14; 4x objective

 

従来の14日間アッセイとMethoCult Expressによる7日間アッセイとの相関
MethoCult GF H4034による14日間のアッセイでは、新鮮な未処理の

whole cord Bloodを使用、MethoCult Expressの7日間アッセイでは、

赤血球除去した新鮮cord bloodを使用した(n=9)。相関係数は0.941でp=0.0002

(ピアソンの積率相関係数)であり高い相関がある。

 

 

製品資料

 

 

関連製品

 

ヒト造血コロニー形成細胞アッセイ「Human MethoCult」
マウス造血コロニー形成細胞アッセイ「Mouse MethoCult」
造血幹細胞の分離用磁気ビーズ試薬「EasySep」 

 

参考文献

 

1. Migliaccio AR et al.: Cell dose and speed of engraftment in placental/umbilical cord blood transplantation: graft progenitor cells content is a better predictor than nucleated cell quantity. Blood 96:2717-2722, 2000

2. Hogge DE et al.: Quantitation of primitive and lineage-committed progenitors in mobilized peripheral blood for prediction of platelet recovery post autologous transplant. Bone Marrow Transplant 25:589-598, 2000

3. Iori AP et al.: Pre-transplant prognostic factors for patients with high-risk leukemia undergoing an unrelated cord blood tranplantation. Bone Marrow Transplant 33:1097-1105, 2004

4. Yang H et al.: Association of post-thaw viable CD34+ cells and CFU-GM with time to hematopoietic engraftment. Bone Marrow Transplant 35:881-881, 2005

5. Yoo KH et al.: The impact of post-thaw colony-forming units-granulocyte/macrophage on engraftment following unrelated cord blood transplantation in pediatric recipients. Bone Marrow Transplant 39:515-521, 2007

6. Prasad VK et al.: Unrelated donor umbilical cord blood transplantation for inherited metabolic disorders in 159 pediatric patients from a single center: influence of cellular composition of the graft on transplantation outcomes. Blood 112:2979-2989, 2008

7. Rodriguez L, Garcia J, Querol S: Predictive utility of the attached segment in the quality control of a cord blood graft. Biology of Blood and Marrow Transplantation 11:247-251, 2005

 

 

AABB (Association of Accredited Blood Banks)の指針に掲載!!

CFUassayAABB(Association of Accredited Blood Banks)の指針(4thedition of the AABB Standards for Cellular Therapy Product Services, reference standard 5.17B no. 4)に掲載されました(March 1, 2010)。すべてのAABB公認のさい帯血バンクで、移植用のさい帯血についてCFU assayが実施されることになりました。

AABB公認のさい帯血バンクは、こちら