HOME > 注目の製品 > フィーダー細胞が不要なヒトES/iPS細胞維持用無血清培地

フィーダー細胞が不要なヒトES/iPS細胞維持用無血清培地

[ 2010-04-01 ]

 

 

 


mTeSR™1は、Feeder free/Serum free/DefinedのヒトES/iPS細胞メンテナンス用培地です。BD Bioscience社のヒトES細胞に最適化された hES Qualified Matrigel™(Cat#354277)とコンビでご利用いただきます(Matrigelのご購入・お問い合わせは、日本BD様までお願いいたします)。

 mTeSR™1 (エム・ティーザー・ワンと読みます)は、modified Tenneille Serum Replacer 1の略で、Wisconsin-Madison大学の研究ファンドであるWiCell™Research Instituteで開発された信頼ある培養技術を、STEMCELL Technologies社とBD社のコラボレーションで製品化したものです。 

 

 

mTeSR製品 概要

A Guide to Passaging Human Pluripotent Stem Cells Using mTeSR®1】

 

 

 

 

 

こちらの動画では、mTeSR1を使用したヒトES/iPS細胞培養の概要をご覧いただけます。mTeSR1を使用して継代を行う際の細胞形態や、継代方法をご確認ください。

 

 

 

 

これまでのFeeder-Based hES培養システムの課題

 

  • Feeder細胞を維持するテクニシャンの労力
  • MEFのバッチごとのばらつき
  • フローサイト解析、核酸精製、Lysate、ダウンストリーム解析等において、 Feeder細胞が邪魔をする
  • ES細胞の自発的な分化を促進する可能性
  • トランスフェクション効率を低下させる可能性

 

 

mTeSR™1の特長と利点

 

  • Published WiCell™ Formulation *1       
    - ヒトES研究のフィールドリーダーによる信頼性の高い培地組成
  • Feeder-free    
    - Feederによるばらつきを排除
    - Feederのメンテナンス不要により、研究効率が大幅にアップ
  • Serum-free               
    - 血清スクリーニングにかかる時間とコストの削減
  • Defined & qualified components       
    - 高い品質、信頼性、再現性を保証
  • mTeSR™1-compatible Matrigel™ qualified for hESC    
    ‐hESCに最適化されたBD社Matrigelとの組み合わせで、ロット間差に悩まされることなく安定した結果が得られる
  • No addition of other factors required    
    - 他の増殖因子の添加が不要な完全培地なので、便利で簡単
  • Medium manufactured by STI        
    - StemCell社は造血幹細胞コロニーアッセイ培地での標準化でよく知られており、信頼性の高いサプライヤー

*1Wisconsin-Madison大学 (UWM)の研究ファンドであるWiCell™ Research Institute。幹細胞の研究を専門としており、アカデミア向けに細胞を提供したり、The National Stem Cell Bankも兼ねています。

 

 

 培養確認されているhES株

 

HES-2, HES-3, HES-4, HES-5, GB01, GB02, GB03, TE04, H1, H7, H9, H13, H14,KhES-1, KhES-2, KhES-3

 

 

 

京都大学再生医科学研究所付属幹細胞医学研究センター様によるリポートは →こちら!
StemCell technologiesによるヒトES細胞のMini Reviewは→こちら!

 

mTeSR™1で培養したhES

 

a.  mTeSR™1で培養したhESは、典型的な未分化ESの形態を示している。
b.  mTeSR™1で培養したhESは、発現遺伝子からも未分化性を維持していることが分かる。
c.  mTeSR™1で培養したhESは、多能性を表す各種マーカーを発現している。

 

 

 

 

他社製品との比較

 

  mTeSR1  L社
別途購入が必要なサプリメント  必要なし  bFGF および2-Mercaptoethanol
完全培地の保存  2-4℃で2週間、-20℃で6ヶ月 培地に上記サプリメントを添加後、暗所で24時間しか保存できない
 hESCからの培地への導入ステップ  MEF培養系およびCondistioned medium培養系どちらも導入可能  MEF培養系から直接導入不可能

 

 

製品情報

 

 製品コード 製品名  容量
ST-05850   mTeSR™1  500 mL

 

キット内容

– Basal Medium (400 mL)
– 5X Supplement (100 mL)

 

 

製品資料

 

 

 

その他ES/iPS細胞関連製品