HOME > 新製品 > ヒトES/iPS細胞品質管理の考え方:細胞品質管理のタイミング

ヒトES/iPS細胞品質管理の考え方:細胞品質管理のタイミング

[ 2018-05-14 ]

ヒト多能性幹細胞(hPSCs)培養システムには、内在的な変異可能性(選択(Selection))だけでなく、hPSCs全体ワークフローを通して複数のステップ(リプログラミング、維持・継代培養、ゲノム編集、分化など)においての遺伝子的変異の可能性が考えられます。

リプログラミング Reprogramming

iPSC選択やウイルスベクターによる導で挿入変異を誘発する可能性があるので、新たに樹立されたヒトiPS細胞系は核型スクリーニングが必要となります。

維持 Maintenance

ルーチンの維持・継代培養(凍結/解凍も含む)でも遺伝的異常を引き起こす可能性があります。
その場合、hPSCsの生存率および増殖率または、下流のアプリケーションに影響する可能性があります。

ゲノム編集 Genome Editing

ゲノム編集ワークフローには、遺伝的異常のクローン選択の機会を増やすいくつかのステップが含まれています。
例:トランスフェクション、シングルセルプレート、ゲノム編集のオフターゲット効果など

分化 Directed Differentiation

分化は潜在的にセレクション(selection)プロセスに寄与する可能性があります。
遺伝的異常は、幹細胞の分化能に影響を及ぼし、および/または細胞を特定の細胞系統(lineage)に偏向させる可能性があります。

 

【細胞品質のチェックツール】

 

最も迅速で費用対効果の高い核型異常検出キット
ヒトES/iPS細胞の核型異常検出用qPCR解析キット(hPSC Genetic Analysis Kit)

  • 従来法よりコストが劇的に削減!
  • 細胞の回収から結果までわずか3時間以内!

hPSC Genetic Analysis Kit ワークフロー

 

hPSC Genetic Analysis Kitを選ぶべき理由:

  • 簡便:プライマー/プローブミックスを含むAll-in-oneキット
  • 複数のヒトES/iPS細胞株の遺伝子スクリーニングが可能
  • 高精度:Gバンド染色で検出不可能な異常を検出可能

hPSC Genetic Analysis Kitの詳細はこちら>>

 

 

【商品リスト】

商品コード

商品名

梱包単位

ST-07550

hPSC Genetic Analysis Kit

kit

 

 

【関連リンク】