HOME > 新製品 > 新発売!フロークロスマッチ専用 蛍光マイクロビーズ試薬キット「FlowDSA-XM」

新発売!フロークロスマッチ専用 蛍光マイクロビーズ試薬キット「FlowDSA-XM」

[ 2018-03-16 ]

HLA関連試薬のパイオニア「One Lambda社」から、フローサイトメーターを用いて蛍光マイクロビーズでクロスマッチ(DSA検出)を実現する試薬キット「FlowDSA-XM」(研究用試薬)が新発売されました。

 

クロスマッチ(交差適合試験)とは:

移植を行うために必須の試験のひとつで、患者の血清に対して提供者のリンパ球を混和して反応の有無をみます。
超急性拒絶(Hyperacute rejection)を防ぐ目的で、移植前のルーチン検査のひとつに挙げられます。
顕微鏡で反応性を確認するCDC法や、フローサイトメーターで検出するフローサイトクロスマッチ(FCXM)などがあります。

 

【特長】

  • 選択的検出
    • HLA Class I とClass II(DP、DR、DQ)を同時に検出
    • 抗白血球抗体と自己抗体を区別可能
    • 細胞表面のIgGに結合して検出
  • リツキサンの影響なし
  • プロナーゼ処理不要
  • 新鮮または凍結されたリンパ球でも使用可能
  • サンプルは末梢血、リンパ節、または脾臓からの検出も可能

 

 

【操作概要】

FlowDSA-XM 操作概要

FlowDSA-XMでは検出までにかかる時間は約90分で、従来のフローサイトクロスマッチとほぼ同等です。

 

 

【データ例】

FlowDSA-XM データ例

 

 

【FlowDSA-XMのサンプル調製 おすすめ製品】

EasySep Direct Human Total Lymphocyte Isolation Kit(STEMCELL Technologies社、商品コード:ST-19655)

ヒトの新鮮全血*から、約30分で全リンパ球を磁気ビーズで分離する試薬キットです。溶血・比重遠心の操作は不要です。
* 採血後24時間以内、抗凝固剤はACDまたはヘパリンを利用

EasySep Direct さらに詳しい情報はこちら>>

 

 

【関連リンク】