Q&A(よくあるお問い合わせ)

Q&A > Dynabeadsの検索結果
合計 167 件中 1 件目から 10 件目を表示
重要度順 新着順
おすすめリンク
Dynabeadsストレプトアビジン結合ビーズは疎水性/親水性の違いやビーズの直径の違いで4種類販売されています。各ビーズに対するビオチン標識オリゴヌクレオチドの結合量はこちらからご覧になれます。
クロマチン免疫沈降に最もおすすめのDynabeadsは2次抗体結合ビーズです。Dynabeads Protein AやGより、核酸に対する非特異結合の少ない2次抗体結合Dynabeadsの方がバックグラウンドの低い結果が得られます。詳細はこちら。
No. 質問項目 回答日
0031 Dynabeadsのアセトンに対する耐性について教えてください。 2011/10/31

Dynabeads

0390 クロマチン免疫沈降(ChIP)におすすめなDynabeadsを教えて下さい。 2012/06/28

Dynabeads

0554 Dynabeads M-270 Epoxyの有機溶媒に対する耐性について教えて下さい。 2013/03/25

Dynabeads M-270 Epoxy

0703 Dynabeadsでマウス内皮細胞を分離している例を教えてください。 2014/03/10

Dynabeads M-450 CD31 Endothelial Cell

0001 Dynabeads Human T-Activator CD3/CD28は、カニクイザルに使用可能ですか? 2011/10/31

Dynabeads Human T-Activator CD3/CD28

0149 Dynabeadsでの免疫沈降でターゲットタンパク質が回収できない。 2011/10/31

Dynabeads

0150 今までDynabeads を使ってタンパク質の免疫沈降ができていたが、抗体をビーズに架橋… 2011/10/31

Dynabeads

0151 抗体をDynabeadsに架橋させたが、溶出の際に抗体がビーズから離れてしまう。 2011/10/31

Dynabeads

0153 Dynabeadsを用いて行う免疫沈降の実験で、非特異結合が起こってしまう。 2011/10/31

Dynabeads

0154 Dynabeads Protein A/G はBSAであらかじめブロッキングされていますか? 2011/10/31

Dynabeads Protein A/G

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次のページ