Q&A(よくあるお問い合わせ)

HOME >  Q&A >  磁気ビーズ > 表面活性化Dyna…
0477

表面活性化Dynabeadsを用いて、脂質の部位を特異的に結合させることは可能でしょうか?

また、脂質が結合したDynabeadsを作成した例があったら教えて下さい。

脂質の部位を特異的に結合させるビーズ、あるいは反応条件は確立されていません。
例えば「Dynabeads M-280 Tosylactivated」は、-OH基に限らず第一級アミノ酸基にも結合します。

下記の論文例がありますので、ご参考下さい。

  • AJL Weersink, KPM Van Kessel, ME Van den Tol, JAG Van Strijp, R Torensma, J Verhoef, P Elsbach, and J Weiss (1993): Human granulocytes express a 55-kDa lipopolysaccharide-binding protein on the cell surface that is identical to the bactericidal/permeability- increasing protein. J.Immunol. 150:253.
  • C. J. C. De Haas, J. A. G. Van Strijp, K. P. M Van Kessel, J. Verhoef, and Van Strij. A synthetic lipopolysaccharide-binding peptide based on amino acids 27-39 of serum amyloid P component inhibits lipopolysaccharide-induced responses in human blood. Journal of Immunology 161:3607-3615, 1998.

回答日:2012/12/13

関連製品
関連キーワード

Dynabeads、脂質、表面活性化